Appleをかたる日本語のフィッシングサイトが再び確認される。

スポンサーリンク

 Appleをかたる日本語のフィッシングサイトが再び確認されているそうです。詳細は以下から。

Xprotect-Update-logo-icon

 Appleをかたるフィッシングは、iCloudやApple IDのロックを装ったスパムメールから、Appleの公式サイトに似せたフィッシングサイトへ誘導する手段が度々確認されていますが、フィッシング対策協議会によるとこの手法を用いた日本語のメール&フィッシングサイトが2016年5月に再び確認されているそうです。

Apple-ID-phishing-site

概要:Apple をかたるフィッシングメールが出回っています。
メールの件名:お使いのApple IDがロックされま
詳細内容:Apple をかたるフィッシングの報告を受けています。

  • 2016/05/20 15:00 現在フィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CC にサイト閉鎖のための調査を依頼中です。類似のフィッシングサイトが公開される可能性がありますので引き続きご注意ください。
  • このようなフィッシングサイトにてアカウント情報 (Apple ID、パスワード) を絶対に入力しないように注意してください。
  • 類似のフィッシングサイトやメールを発見した際には、フィッシング対策協議会 (info@antiphishing.jp) までご連絡ください。

フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan | ニュース | 緊急情報 | Apple をかたるフィッシング (2016/05/20)

 同様のサイトは以下の様に数多く確認されていますが、もしApple IDとそのパスワードを入力してしまった場合、最悪リモートでMacをロックされてしまうケースも報告されているので、この様なメールやサイトを見かけたらApple, Incの証明書表示を確認してみてください。

Apple-Inc-Validation_Certificate

関連サイト

コメント

  1. 匿名 より:

    最後、まるで、証明書表示が「あれば」フィッシングサイト…と逆の意味にも読める。
    (それとも、「Apple Inc.」じゃなくて、「Apple, inc」になるってこと?)