Apple、最新のMacに搭載されているApple T2チップがSSDやTouch IDなどのコンポーネントを監視し、サードパーティの修理サービスで対処できなくなっている件に関してコメント。

スポンサーリンク

 Apple、最新のMacに搭載されたApple T2セキュリティ・チップがSSDやTouch IDなどいくつかの部品を監視し、サードパーティの修理サービスで対処できなくなっている件に関してコメントしたそうです。詳細は以下から。

Apple T2

 AppleはiMac Pro (2017)以降に発売した、全てのMac(MacBook Pro (2018), Mac mini (2018), MacBook Air (Retina, 13inch, 2018))にSMC やSSD、オーディオ、FaceTime HD用コントローラーを統合した第2世代Mac用セキュリティ・チップ「Apple T2」を採用してきましたが、

Apple T2チップについて

Apple T2 チップは、Apple が開発した第 2 世代の Mac 用カスタムシリコンです。システム管理コントローラ、画像信号プロセッサ、オーディオコントローラ、SSD コントローラなど、ほかの Mac コンピュータに搭載されているさまざまなコントローラを再設計して統合した Apple T2 チップのおかげで、Mac が新しい能力を発揮します。
たとえば、Apple T2 チップには、新しい暗号化されたストレージとセキュアブート機能の基盤となる Secure Enclave コプロセッサが組み込まれているので、セキュリティが一段と強化されます。このチップの画像信号プロセッサは FaceTime HD カメラと連係するので、トーンマッピングが強化され、露出コントロールも進化し、顔検出ベースの自動露出機能と自動ホワイトバランス機能も使えるようになります。

Apple T2 チップを搭載した Mac コンピュータ – Apple サポート

このApple T2セキュリティ・チップの採用により、SSDやロジックボードなど一部の部品を交換した際には「MCU (Mac Configuration Utility)」や「AST 2 (Apple Service Toolkit 2)」という構成ツールを利用し、

Apple Service Toolkit 2

Apple T2と部品を認証しAppleがStoreや正規サービスプロバイダに提供しているGSX(Global Service Exchange)サーバーをパスしなければならないという内部文章をMacRumorsが入手したことから、iFixitなどサードパーティの修理サービスを提供している会社らが、これはユーザーが修理する権利を侵害していると主張してきました。

スポンサーリンク

Appleの回答

 この噂の真相をAppleに取材したThe Vergeによると、Appleは影響を受ける部品のリストや影響を受けたMacについては公開しなかったものの、Apple T2を搭載したMacでロジックボードやTouch IDセンサーといった特定のコンポーネントを修理した場合にはAST 2などツールを利用しなければならないということを認めたそうで、

Apple confirmed to The Verge that this is the case for repairs involving certain components on newer Macs, like the logic board and Touch ID sensor, which is the first time the company has publicly acknowledged the tool’s use. But Apple could not provide a list of repairs that required this or what devices were affected. It also couldn’t say whether it began this protocol with the iMac Pro’s introduction last year or if it’s a new policy instituted recently.

Apple confirms its T2 security chip blocks some third-party repairs of new Macs – The Verge

Appleがサードパーティの修理サービスをロックダウン(封鎖)しようとていているのかは定かではありませんが、AppleがApple Storeと正規サービスプロバイダに配布した資料には、AST 2のステップを実行しない場合、修理が不完全でシステムが動作不能になる場合があると記載されていそうです。

For Macs with the Apple T2 chip, the repair process is not complete for certain parts replacements until the AST 2 System Configuration suite has been run. Failure to perform this step will result in an inoperative system and an incomplete repair.

Apple confirms its T2 security chip blocks some third-party repairs of new Macs – The Verge

 ただ、このステップが必要なコンポーネントはロジックボードやTouch IDなどユーザーが安易に交換できないもので、iFixitはこれを“kill switch”と呼んでいますが、iFixitがディスプレイを交換したMacBook Pro (2018)は、その後Mojaveへのアップグレードも可能で現在も動作しており、ロジックボードを交換したあとも動いているそうなので、Appleがこのポリシーを施行した事は現在のところ確認されていないようです。

iFixit completed a display replacement on a 2018 13″ MacBook Pro Touch Bar

おまけ

 AppleがT2で監視しているのはMacBook Proではディスプレイとロジックボード、トップケース、Touch IDで、iMac ProではロジックボードとSSDとなっているため、Mac mini (2018)やMacBook Air (Retina, 13inch, 2018)もロジックボードとTouch ID、ストレージが対象で、購入後のアップデートが可能であることが確認されたメモリについては影響を受けないと思われますが、入手されたドキュメントが古いため確認はできていないそうです。

Mac mini 2018のメモリ

The parts affected, according to the document, are the display assembly, logic board, top case, and Touch ID board for the MacBook Pro, and the logic board and flash storage on the iMac Pro. It is also likely that logic board repairs on the new MacBook Air and Mac mini are affected, as well as the Mac mini’s flash storage. Yet, the document, which is believed to have been distributed earlier this year, does not mention those products because they were unannounced at the time.

Apple confirms its T2 security chip blocks some third-party repairs of new Macs – The Verge

コメント

  1. 匿名 より:

    セキュリティ云々言ってる割にはTime Machineからシステム戻すと未だに問答無用でFile Vault解除して暗号化されていないドライブにデータ書き込んじゃうんだから笑える

  2. 匿名 より:

    セキュリティはユーザーがコントロールできるようにしてほしいな

  3. 匿名 より:

    iPhoneが飛行機で燃えたらアップルのせいにされるからね
    例え持ち主がリスク承知の自己責任のつもりで粗悪な電池に交換していたとしても

    • 匿名 より:

      だがバッテリーが膨張しているデバイスをストアに持ち込んでもおいそれと無償交換はしなくなったと
      第三者も巻き込んで火を吹くかもしれないデバイスを持ち帰らせる感覚よ

  4. 匿名 より:

    そういう方針にした理由は分からんでもないけど今のMac miniはディスコン後に何か故障したら捨てろってことになっちゃうよね

    • 匿名 より:

      「今のMac miniは」とかあえて言う必要は何?
      ロジックボード上のチップや直付けのストレージやTouchID故障したら終わり
      それって今までと一緒じゃん
      何か今回特別厳しくした風に言うのはおかしいわ

    • 匿名 より:

      SSDは基板直付けで、元々交換できないので無問題。

  5. 匿名 より:

    正直こんな仕組みいらない

  6. 匿名 より:

    汎用性パーツの意味が全くないな
    SSDとかWi-Fiカード換装とかして長く使いたいけど、それはアップル的にはするなってことかぁ