macOS 12 MontereyではApple Silicon Macで「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープを解除する」機能が廃止。

スポンサーリンク

 macOS 12 MontereyではApple Silicon Macで「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープを解除する」機能が廃止されたそうです。詳細は以下から。


 Appleが日本時間2021年10月26日にリリースしたmacOS 12 Montereyでは、Apple Silicon M1チップ搭載のMacで空間オーディオ3D地球儀macOSの仮想化が可能になっていますが、このMontereyではApple M1チップ搭載のMacでシステム環境設定アプリのBluetooth設定に存在した「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」オプションが廃止されています。

Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする

「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」オプションが有るmacOS 11 Big Sur

 Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする機能は、その名の通りMacにペアリングされたBluetoothキーボードやマウス、トラックパッドを操作することでMacをスリープ解除(wake)出来る機能ですが、AppleはApple SiliconにApple Aチップ同様、常にスタンバイ状態で瞬時にデバイスを起動したり、Macがスリープ状態でもHey Siriなどを実行できるAlways-on Processor (AOP)」を導入しているため、MontereyではBluetoothデバイスでコンピュータのスリープを解除することが常にONになっている状態で、

Apple Silicon MacのmacOS 11 Big SurのBluetooth設定Apple Silicon MacのmacOS 12 MontereyのBluetooth設定

Appleのサポートドキュメントによると、この機能はIntel MacではmacOS 12 Montereyでも利用できるとされていますが、同じくAOPを搭載しHey SiriをサポートするApple T2チップを搭載したMacでも廃止されているようなので、Apple T2チップ非搭載の古いIntel Mac限定の機能になっているかもしれません。

Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする

If you have a Bluetooth wireless keyboard, mouse, or trackpad and a Bluetooth enabled Mac, you can set your Intel-based Mac to wake when you press a key or click the mouse or trackpad.

macOSユーザーガイドより