MacBook Pro 2018ではMacがロック中でも”Hey Siri”を利用可能。

スポンサーリンク

 MacBook Pro 2018ではMacがロック中でも”Hey Siri”を利用することが出来るそうです。詳細は以下から。

High SierraのSiriアイコン

 Appleは2016年09月にリリースしたmacOS 10.12 SierraでmacOSにもAppleの音声アシスタント「Siri」を採用し、High SierraではMacに話しかけずにタイプ入力でSiriを利用できるType to Siriが、先日に発売されたMac用第2世代SoC「Apple T2」を搭載したMacBook Pro 2018ではSiriの音声起動「Hey Siri」が利用できるようになっていますが、この「Hey Siri」はMacをロック中でも利用できるそうです。

Touch Bar が搭載されている MacBook Pro(Mid 2018 モデル以降)では、「Hey Siri」と話しかけてからすぐにリクエストを言うだけで、Siri を利用できるようになりました。音楽を再生したり、会議を設定したり、ファイルを開いたり、さまざまなことを話しかけるだけで実行できます。「システム環境設定」の「Siri」パネルで「“Hey Siri”を聞き取る」オプションをオンにします(まだ設定していない場合)。

Mac で「Hey Siri」と話しかける – MacBook Pro の基本

 Infinity Labsによると、MacBook Pro 2018のシステム環境設定 → [Siri]のパネルには新たに「Hey Siri」のセットアップのほか、「Allow Siri when locked」というMacをロック中でもSiriの利用を許可するというオプションが追加されているそうです、これを有効にするとMacがロック中でも「Hey Siri」をトリガーとしてSiriを起動できるため、

Appleが2018年秋にリリースを予定しているmacOS 10.14 Mojaveに導入されるHomeアプリとSiriを連携し、Apple T2チップを搭載したMacをハブとしてIoTやスマートデバイスを操作することが可能になるかもしれません。

macOS 10.14 MojaveのHomeアプリ

スポンサーリンク

iOS/watchOSデバイス

 iOSデバイスではiOS 9を搭載したiPhone 6sシリーズ以降のiOSデバイスやApple Watchなどで「Hey Siri」が利用できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    18年秋か
    ぜひ、その時に最新のiMacを購入したいもんです。
    仕事がんばろ

  2. 匿名 より:

    Hey Siri, unlock the MBP.
    > Accepted. Here you are.