macOS 13 VenturaではSpotlightがアップデートされ、検索結果のQuick LookやWeb画像検索、画像内テキスト/オブジェクト検索が可能に。

スポンサーリンク

 macOS 13 VenturaではSpotlightがアップデートされ、検索結果のQuick LookやWeb画像検索、画像内テキスト/オブジェクト検索が可能なっています。詳細は以下から。

Spotlightのアイコン

 macOS/OS Xには2004年にリリースされたMac OS X 10.4 Tigerから、インデックスを作成することでMac内のファイルやフォルダを高速に検索&抽出してくれる「Spotlight」という機能がありますが、本日リリースされたmacOS 13 Venturaでは、このSpotlightの検索機能が大きくアップデートされています。

New Spotlight search on macOS 13 Ventura

Quick Look

 macOSのSpotlight機能はmacOS 12 Montereyまで、Spotlight検索のウィンドウ内に検索結果のリストが表示され、Siriの提案やWikipediaの情報、辞書の内容も、そのウィンドウ内に表示されていましたが、

macOS 12 Monterey Spotlight search

macOS 12 MontereyのSpotlight検索

macOS 13 VenturaのSpotlight検索は検索結果がリストで表示されるところまでは同じですが、Siriの提案やWikipediaの情報などはウインドウ内ではなく詳細ページ、または[Space]キーでQuick Look表示することが可能になりました。

 もちろん、Quick Lookの表示はWebベースのため、検索結果にブラウザで表示可能ならばQuick Look内で動画を再生したり、PDFドキュメントをチェックすることが可能です。

macOS 13 VenturaのSpotlightではQuick Lookが可能に

Web検索

 Appleは2014年にリリースしたOS X 10.10 YosemiteやiOS 8でSpotlightとインターネット検索を融合させ、現在はSpotlight検索にキーワードを入力すると検索クエリや位置情報がAppleに送信され関連性の高い情報が表示されますが、

OS X 10.10 YosemiteのSpotlight検索で送られるquery

macOS 13 Venturaでは、よりSpotlightとインターネット検索が融合し、iOSと同じ様にスポーツ選手やミュージシャン、テレビ番組、映画、ニュースなどの情報が収集され、Webページを開かなくてもSpotlightのみで情報収集を行うことが可能になっています。

画像内テキスト/オブジェクト検索

 また、AppleはWWDC 2019で機械学習と画像分析フレームワーク「Core ML/Vision Framework」をアップデートし、Vision Frameworkでは犬や猫、車といった画像内のオブジェクト検出をサポートし、iOS 16では画像内の日本語テキスト認識も可能になっていますが、

macOS 13 VenturaのSpotlight検索

macOS 13 VenturaのSpotlightはこれらの機能を統合し、画像内のテキストやオブジェクト検索が可能になっています。

画像内のオブジェクトやテキスト検索はインデックスが作成されるまで表示されません。
  • macOS 13 Venturaの新機能まとめ (準備中)