iOS 11のApp Storeアプリは、Mac App Storeのアプリページをプレビューすることが可能。

スポンサーリンク

 iOS 11のApp StoreはMac App Storeのアプリページが表示可能になっています。詳細は以下から。

iOS 11のApp Storeアイコン

 Appleは本日、App Storeアプリを刷新した「iOS 11」を正式にリリースしましたが、iOS 11のApp StoreアプリはMac App Storeのアプリページをプレビュー(表示)することが可能になっています。

iOS 11のApp StoreでMacアプリを表示

スポンサーリンク

App Storeで出来ること

 iOS 10.xのApp StoreアプリではSafariからMac App Storeアプリ(例:Final Cut Pro)のリンクを開くと、「Final Cut ProはmacOSでのみご利用いただけます。」という表示がされていましたが、iOS 11のApp StoreアプリではMacアプリの価格やカスタマー評価(☆)など以下の様な事が出来るようになっています。

iOS 10と11のApp StoreでMacアプリを表示したところ

出来ること

  • アプリ名や価格、カスタマー評価、スクリーンショットの表示、リンクの共有
  • 販売元やカテゴリ、言語、年齢、デベロッパWebサイト、プライバシーポリシー、使用承諾書などの情報の表示

出来ないこと

  • アプリの購入
  • カスタマーレビューの表示や投稿
  • カスタマー評価を付けること
  • 関連アプリや購入したアプリの表示

以上の通り、iOS 11のApp StoreからはMac App Storeアプリの購入などは出来ませんが、アプリのURLのシェアやデベロッパーサイトの表示などが可能なので、Macユーザーの方はチェックしてみて下さい。

iOS 11のApp StoreアプリでFinal Cut Proを表示