Edovia、VNCクライアント「Screens for Mac/iOS」をアップデートし、macOS 10.14 MojaveのダークモードやiOS 12ショートカットをサポート。

スポンサーリンク

 EdoviaがVNCクライアント「Screens」をアップデートし、macOS 10.14 MojaveのダークモードやiOS 12ショートカットをサポートしたと発表しています。詳細は以下から。

Screens 4 for macOSのアイコン。

 Mac/iOS用VNCクライアント「Screens VNC」シリーズを開発しているカナダのEdovia, Inc.は現地時間2018年09月18日、Screens for MacおよびiOSをそれぞれv4.6およびv4.8へアップデートし、macOS 10.14 MojaveのダークモードやiOS 12のSiriショートカット機能をサポートしたと発表しています。

Screens for Mac Version 4.6

  • Adds support for macOS 10.14 Mojave
  • Adds support for Dark Mode on Mojave
  • Now fully supports saved screens drag and drop
  • You can now use shared clipboards with PCs

リリースノートより

 iOS版ではiOS 12のSiriショートカットがサポートされたことで、Siriに「HogehogeのMacに接続」といったショートカットで、Screensを開き、HogehogeのMacに接続という一連の動作を音声のみで行うことができるので、ユーザーの方は試してみてください。

Siriショートカットに対応したScreens VNC