macOS High Sierraではアクセシビリティのズーム機能に新たなオプションが追加。

スポンサーリンク

 macOS High Sierraではアクセシビリティのズーム機能に新たなオプションが追加されています。詳細は以下から。

Accessibilityのアイコン

 AppleはmacOS 10.13 High Sierraでアクセシビリティに「Siriにタイプ入力」や「ビデオキャプション」の改善などを行っていますが、ズーム機能にも幾つかの新しいオプションが追加されています。

High Sierraのアクセシビリティ-ズーム

システム環境設定アプリ → [アクセシビリティ] → [ズーム機能] → [ズームの方法] → オプション

スポンサーリンク

新しいオプション

 新たに追加されたオプションは以下のリストの下3つで(「縮小した時に…」は以前から存在)、それぞれオプションのチェックボックスをONにすると

  1. ✅ 縮小した時にプレビュー領域を表示。
  2. ✅ Shift+Optionを押したままにしてズームを一時的に切り替え。
  3. ✅ Shift+Commandを押したままにしてズーム表示を一時的にポインタから切り離す。
  4. ✅ ズーム表示の外に通知バナーが表示された時に画面を点滅。

一時的にズームになったり、ポインタから消えたり、ズーム表示外で通知センターに動きがあると画面が一瞬白・黒になりますが、

High Sierraのアクセシビリティのズーム機能

Sierraまでこのエリアに存在していた「最大拡大率」と「最小縮小率」が削除されていることで、ズームの最大/最小倍率はユーザーが任意で操作しなければならなくなっているようです。

ズーム倍率はズーム状態(Option + Command + 8)になり、Option + Command + ^で拡大、Option + Command + –で縮小出来ます。