AppleのHypervisorフレームワークを利用した仮想マシン構築アプリ「Veertu」が次期アップデートでFusionやParallelsなどのVMファイルのインポートに対応。

スポンサーリンク

 AppleのHypervisorフレームワークを利用した仮想マシン構築アプリ「Veertu」が次期アップデートでVMware FusionやParallelsなどのVMファイルのインポートに対応するそうです。詳細は以下から。

Veertu-Hero


 先月、AppleがOS X 10.10 Yosemiteから導入した新しいフレームワーク「Hypervisor」を利用し、Mac App StoreのSandbox制限内で動く仮想マシン構築アプリ「Veertu」がリリースされましたが、このVeertuが来週以降に新しいアップデートを行うそうです。

We have submitted our next update to be published through Appstore and also have some users testing it now. Since the latest news about VMware Fusion, we have been getting a lot of user requests to make it easy for Fusion users to adopt Veertu. So, we included a feature in this update to address this. You can now import Vms from other virtualization solutions running on your OS X like Fusion/Parallels/Vbox into Veertu. We hope that this will reduce the amount of time you will have to spend setting up your VM based dev environments when using Veertu.
There are other new features and tons of bug fixes also included in this update. Look out for update notification from Appstore in the next week or so.

 VeertuにはVMwareがWorkstationおよびFusion開発チームのレイオフを行い、開発を中国などへ移すという報道後、様々なユーザーリクエストがあったそうで、

Import-exisiting-VMs-Veertu

これに応える形で次期アップデートでVMware Fusion/Parallels Desktop/VirtualBoxで作成された仮想マシンイメージのインポートが可能になるそうです。

Veertu 無料(4,800円)

The app was not found in the store. 🙁

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    物凄い勢いで追い上げてきてますな〜

  2. Apple7743 より:

    今さらだがなんて発音するのかな?

  3. Apple7743 より:

    ヴァーチュ
    VirtualとVertuをかけてんだろ