Electron製でクロスプラットフォームに対応したMarkdownエディタ「MarkRight」が公開。

スポンサーリンク

 Electron製でクロスプラットフォームに対応したMarkdownエディタ「MarkRight」が公開されています。詳細は以下から。


MarkRight-Hero


 MarkRightはシリコンスタジオ株式会社のソフトウェアエンジニア David Mohlさんが開発しているオープン・ソース&クロスプラットフォーム対応のMarkdownエディタで、mouエディタのような完璧なライブプレビューとシンプル外見が売りのエディタとなっており、

When I have to write markdown, I’m missing a perfect live preview. I know, there are options out there that give you that either webbased or stuff that just let’s you preview what you wrote. The most popular probably being mou.

But I don’t like mou and it looks like they seem to charge for it soon. On top of that, I was eyeballing githubs electron (the thing that atom uses) for a while and wanted to give it a try.

MarkRight – a markdown editor in om+electron

 現在のバージョンはv0.1.10でライセンスはGPLv3。Mac, Windows 32bit/64bit, Linux ia32/x64用のパッケージも公開されているので、興味のある方はGitHubからダウンロードしてみてください。


MarkRight-Electron-Markdown-Editor-Hero

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    Markdownエディタ多すぎてどれがいいのかさっぱり

  2. Apple7743 より:

    どのフレーバーが使えるかによるよね