Dropbox for iOSがv4.1でWebサイトのPDF保存に対応。

スポンサーリンク

 Dropbox for iOSがバージョン4.1でWebサイトのPDF保存に対応しています。詳細は以下から。


Dropbox-PDF-Save-Features-Hero


 OS Xには印刷機能に「PDFとして保存」オプションがありWebサイトをPDFとして保存することが可能ですが、オンラインストレージサービスを提供しているDropboxが「Dropbox for iOS v4.1」で同様の機能をSafariの拡張機能として実装しています。


Dropbox-PDF-Save-iOS9-2

バージョン 4.1 の新機能

• 「Dropboxに保存する」アプリ拡張機能でSafari(iOS 8&9のみ)からウェブサイトのPDF版を保存できるようになりました。これを有効にするには、Safariの共有アイコンをタップし[その他]で拡張機能を切り替えてください。
• ファイルやフォルダをコピーできます。コピーするにはファイルを複数選択するか、下方向の矢印を選択してください。
• アプリ拡張機能にTouch IDサポートを追加しました。
• デバイスの容量を効率的に使用できるようにアプリを改善しました。

[Dropbox – App Store]

 この機能が利用できるのはiOS 8&9デバイスで、iOS 9ではiBooksのアクティビティとしてこの機能が利用できますが、比較してみたところDropboxの方が忠実にWebサイトを再現し保存してくれるので、Dropboxユーザーの方は利用してみてください。


PDFで保存-iBooks-and-Dropbox

関連リンク: