BareFeats、iMac 5Kおよび新・旧Mac Proと5K外部ディスプレイを用いたベンチマークスコアを公開。

スポンサーリンク

 BareFeatsがiMac 5K Late 2014/2015および新・旧Mac Proと5K外部ディスプレイを用いた5Kディスプレイベンチマークのスコアを公開しています。詳細は以下から。


Mac-5K-Benchmark


 iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014/2015)およびMac Pro (Late 2013)はOS X 10.10.3 Yosemite以降からDisplayPortを2本使用し、Dellの5K(5120×2880)ディスプレイ「Dell UP2715K」の表示が可能[1, 2]になりましたが、BareFeatsが新たに5Kディスプレイに重点を置いたベンチマークの結果を公開しています。

The ‘late 2015’ 27″ iMac 5K (like the 2014 model) supports resolution up to 5120×2880. So we ran some OpenGL Games and Benchmarks at that setting to see how three top iMacs compare to the Mac Pro cylinder and Mac Pro tower – both connected to the Dell UltraSharp 27 Ultra HD 5K Monitor (UP2715K).

[‘late 2015’ iMac 5K (and Mac Pros) run 5K apps – BareFeats]

ベンチマーク

 BareFeatsが新たに公開したベンチマークはiMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014/2015)のビルトイン5Kディスプレイおよび、Mac Pro (Late 2013)、Mac Pro (Mid 2010)+GeForce GTX 980 TiでDell UP2715Kを利用し5K環境でGPUベンチマークを実行しており、各Macのスペックは以下の通り。

  • cMP 6c 980 Ti oc = ‘mid 2010’ Mac Pro 3.33GHz 6-Core Xeon; GeForce GTX 980 Ti Overclocked GPU (6G GDDR5); 24G RAM; 512G SM951 M.2 Flash on x4 PCIe card
  • nMP 8c D700 = ‘late 2013’ Mac Pro 3.0GHz 8-Core Xeon; FirePro D700*2 (6G GDDR5 each); 32G RAM; 512G Apple (XP941) Flash
  • iMac5K M395X = ‘late 2015’ iMac Retina 5K 4.0GHz Quad-Core i7; Radeon R9 M395X GPU (4G GDDR5); 16G RAM; 1TB flash storage
  • iMac5K M395 = ‘late 2015’ iMac Retina 5K 3.3GHz Quad-Core i5; Radeon R9 M395 GPU (2G GDDR5); 8G RAM; 2TB Fusion Drive
  • iMac5K M295X = ‘late 2014’ iMac Retina 5K 4.0GHz Quad-Core i7; Radeon R9 M295X GPU (4G GDDR5); 16G RAM; 1TB flash storage

 今回行ったベンチマークはマルチGPUに対応していない物が多く、Dual FirePro D700 (6GB VRAM)を搭載したMac Pro (Late 2013)よりR9 M395X (4GB VRAM)を搭載したiMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)の方が良い(または同程度)のスコアを出しているそうで、


Mac-5K-Benchmark-img1

The ‘late 2013’ Mac Pro cylinder has dual FirePro D700 GPUs with 6G VRAM each, but the apps featured on this page only used one of those GPUs. And (surprise, surprise) the top 2015 iMac 5K with the R9 M395X GPU with 4G VRAM equals or beats it in all but one featured test.

[‘late 2015’ iMac 5K (and Mac Pros) run 5K apps – BareFeats]

 さらに、GPUをGeForce GTX 980 Tiに換装した旧Mac Pro (Mid 2010)が全てのベンチマークでトップスコアを出しており、BareFeatsは「旧Mac Proで5Kディスプレイを利用するならば、OpenCLとCUDAをサポートするこのGPUに変更すべきだ」とコメントしています。


GTX-980-Ti-img

The GeForce GTX 980 Ti in the ‘late 2010’ Mac Pro tower is in a class all its own. If you want to keep your Mac Pro tower but speed up the graphics and support 5K displays like the Dell UltraSharp 27 Ultra HD 5K Monitor (UP2715K), it’s definitely the way to go. It has the added advantage of supporting both OpenCL and CUDA.

[‘late 2015’ iMac 5K (and Mac Pros) run 5K apps – BareFeats]

 Mac Pro (Mid 2010)でNvidia GTX 980 Tiを利用するには、OS X 10.10.3以降およびWebドライバが必要で、アメリカのMac用GPU専門サイトMacVidCardsには必要なドライバやシステム要件がまとめられているので、旧Mac Proのアップグレードを考えている方は参考にしてみてください。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    Macpr2013、最近良いニュース聞かないね。

  2. Apple7743 より:

    拡張性が低すぎてな…バケモノみたいなスペック持ってるくせにAftereffectsとかMayaとか仕事で使うようなのには対応してくれてないんだよ…FCP Xは未だに怖くて移行できないし

  3. Apple7743 より:

    拡張性はTB2周辺機器で無限に可能じゃないの?

  4. Apple7743 より:

    TBがせめて公式にグラフィック関係の拡張をサポートしてくれたら話は別なんだが…
    どうもインテル側の思惑でサンボルの機能がそがれてるらしい

  5. Apple7743 より:

    TB3でようやくdGPU利用が認められたらしいね

  6. Apple7743 より:

    TB3でdGPUまじか、薄型化してハイエンドCPU搭載したMacBook + Pro-Dock (ex-dGPU搭載) とか出してくれ