Apple、アプリの証明書アップデートに伴いMac OS X 10.6 Snow Leopard専用アップデート「Mac App Store Update」のBetaを開発者向けに公開中。

スポンサーリンク

 Appleがアプリの証明書アップデートに伴いMac OS X 10.6 Snow Leopard専用アップデート「Mac App Store Update」のBetaを開発者向けに公開しています。詳細は以下から。


Snow-Leopard-Hero


経緯

 ここ数年SHA-1アルゴリズムの危殆化に伴い、MicrosoftやGoogle, Mozillaなど多くの企業やベンダーがSHA-1証明書の発行を終了し、SHA-2へ移行しており、同じくAppleも去年 Mac App Storeの署名アルゴリズムをSHA-1からSHA-2へアップデートしましたが、

 その際Apple側(認証局)の問題で証明書がアップデートされず、有効期限が”Nov 11 21:58:01 2015 GMT”で切れ、複数のMacで「このアプリは壊れているため開けません」というMASpocalypse問題が発生しました。


Appは壊れているため開けません

 その後Appleはこの不具合を修正するとともに開発者に謝罪、開発者向けのサポートサイト「Apple Worldwide Developer Relations Intermediate Certificate Expiration」を昨年12月25日に公開し、今後の方針や開発者が行うべき対応を示していました。


Apple-Worldwid-Developer-Relations-ICE

The Apple Worldwide Developer Relations Certification Intermediate Certificate expires soon and we’ve issued a renewed certificate that must be included when signing all new Apple Wallet Passes, push packages for Safari Push Notifications, and Safari Extensions starting February 14, 2016.

WWDR Intermediate Certificate Expiration – Support – Apple Developer

Snow Leopard問題

 このサポートサイトによると現在Appleは証明書の再アップデートを進めており、その際Mac OS X 10.6 Snow Leopardではアップデート後 App Storeから新しいアプリを購入したり、既に購入したアプリを起動できなくなるため新たなアップデートを提供すると発表されていましたが、


Mac-App-Store-Update-for-OS-X-Snow-Leopard

Mac App Store customers running OS X Snow Leopard (v10.6.8) will be unable to purchase new apps or run previously purchased apps that utilize receipt validation until they install the Mac App Store Update for OS X Snow Leopard which will be available via OS X Software Update this January.

WWDR Intermediate Certificate Expiration – Support – Apple Developer

 現地時間1月20日、Appleは開発者向けサイトでSnow LeopardのMac App Storeと更新された証明書を持ったアプリの互換性を確認する「Mac App Store Update for OS X Snow Leopard」 Build 10K1205を公開したそうです。


MacAppStore-Update-for-OS-X-Snow-Leopard

Mac Apps

You can verify your receipt validation code is compatible with the renewed certificate in the test and production environments. A pre-release version of the Mac App Store Update for OS X Snow Leopard beta is now available.

WWDR Intermediate Certificate Expiration – Support – Apple Developer

 Mac App StoreはMac OS X 10.6.6で初めて導入され、PPCバイナリを動かせるRosettaもSnow Leopardが最後の対応OSとなっているため、現在でもMac OS X 10.6のシェアはOS X 10.7や10.8よりも高くなっているので、開発者やアドミニストレーターの方はチェックしてみてください。


NetMarketShare-201512-OS-X-Share
NetMarketShareの2015年12月データより作成

関連リンク

*ネコ科大好き様、メッセージ欄でのご指摘ありがとうございます。

コメント

  1. Apple7743 より:

    おおついに来たか
    一般向けもはよ来い

  2. Apple7743 より:

    スノレパは蘇るさ