Macの画面をiPadに映し液晶タブレット化するアプリ「Astropad」がiPhone用アプリ「Astropad Mini」をリリース。リリース記念で50%OFFセール中。

スポンサーリンク

 Macの画面をiPadに映し液晶タブレット化する「Astropad」がiPhone用アプリ「Astropad Mini」をリリースしています。詳細は以下から。

iPadをMacの液晶タブレット化できるアプリ「Astropad」のアイコン

 Astropad(関連記事)は今年2月、元AppleのQuickTimeエンジニアのMattさんとOS XエンジニアのGiovanniさんが独立しリリースしたiPadを液晶タブレットの様にするアプリで各所で話題になりましたが、本日新たにiPhone用アプリ”Astorpad Mini”をリリースしたそうです。

 Astorpad MiniはAstropad同様、Wi-Fiと同社のLIQUIDテクノロジーを利用しAirPlayより2倍以上高速に画面の一部をiPhone上に表示することができLightning接続にも対応。付属のApple WatchアプリからはPhotoshopやLightroomのDo / Undo / Zoomなどが可能になっています。

 また、Astropadがサポートしているスタイラスペンも多様で、Wacomはもちろん、Adonit, Pencil, Pogo Connect 2, Hex3 JaJaのAPIに対応し各スタイラスペン独自の機能やキャリブレーションを行えるようになっています。

 Astropad Miniは今日から発売開始で、現在リリース記念で50%OFF、iPad用のAstropadも30%OFFとなっているので、興味のある方はこの機会にどうぞ。(Astropadのレビュー

iPad-mini-with-Astropad-and-Pixelmator

*グラフが上下しているところはiPadのAstropadでMac側のアプリを操作しているところです

関連リンク: