iPadをサブディスプレとして使用できる「Duet Display」がアップデートしWindows7と8をサポート。

スポンサーリンク

 iPadをサブディスプレとして使用できる「Duet Display」がアップデートしWindows7と8をサポートしています。詳細は以下から。


Duet-Display-Windows-Hero


 Duet Displayは元AppleエンジニアのRahul Dewanさんが中心となって開発b.hatenaを行っているiPadをMacのサブディスプレイ化出来るアプリで、VNCの技術を使うことで擬似的に遅延ゼロを実現している事で話題になりましたが、このDuet DisplayがアップデートしWindows 7と8をサポートしたそうです。


Duet-Display-Update-Windows7-and-8-support

使い方

 使い方はまずiOSアプリをアップデートし、公式サイトからWindows用クライアントをダウンロードしインストール後、再起動します。


Duet-Dispay-Installer

 再起動したらDuet Displayの設定アプリ”Duet Settings”を起動しフレームレートやパフォーマンスの設定を行います。


Duet-Settings

 最後にiPadのDuetアプリを起動し、LightningケーブルでiPadとPCを接続するとiPadをPCのサブディスプレイとして使用できるようになります。


Duet-Dispya-MacBook-Pro-iPad

 Windows版もMac同様に擬似的に遅延ゼロ(60fps)を実現しているようなので、実際にはラグがありますが、資料やブラウザを使う程度なら問題ないので、興味のある方は関連リンクからどうぞ。(iOS版アプリ 1900円は今日だけ1200円セール中です)

関連リンク:
Space Is A Beautiful Thing – Duet Display

Mac miniやProでノマドも可能?ヘッドレスMacのメインディスプレイとしてiPadのDuet Displayを使用する方法b.hatena

フォーカルポイント、MacBookやiMacのディスプレイにiPhoneやiPadを取り付けられるTen One Designのアダプタ「Mountie」の取り扱いを開始

コメント

  1. Apple7743 より:

    以前のapp storeのレビュー読んだ事あるけど、とても金を出す気にはなれない。
    今はレビューがざっくり消されてるね。

  2. Apple7743 より:

    ※1
    今日買ったけど、問題なく使えるよ
    iPad Airで、iOSは最新ver.