OS X Yosemite 10.10.2ではTime MachineアプリでiCloud Drive内のファイルのブラウズ&復元が可能に。

スポンサーリンク

 OS X 10.10.2では多数の不具合や脆弱性が修正されましたが、「Time MachineでiCloud Driveをブラウズ」という機能が追加されたようなので確かめてみました。詳細は以下から。


OS-X-10-10-2-TimeMachine


OS X 10.10.1

 OS X 10.10.1ではiCloud DriveをブラウズするとiCloud Driveディレクトリ自体が見れなかったり、”iCloud Drive Upgrade – Recovered Documents”ディレクトリしか見ることが出来きませんでした[1, 2]。


iCloud-Drive-in-TimeMachine-10-10-1

OS X 10.10.2

 OS X 10.10.2ではTime Machineでバックアップを作成後、Time Machine内のiCloud Driveディレクトリをブラウズすると、iCloud対応アプリがiCloud Drive内に作成したディレクトリが表示され、


iCloud-Drive-in-TimeMachine-10-10-2

 わざわざ”Mobile Documents”ディレクトリに行かなくても、Time MachineのiCloud Driveからファイルを復元できるようになっています。


iCloud-Drive-in-TimeMachine-10-10-2-Keynote

関連リンク:
Apple、Wi-Fiが接続解除される不具合やSafariの安定性、その他多くの脆弱性を修正したYosemiteの2ndアップデート「OS X アップデート 10.10.2」をリリース