Apple、OS X MavericksとMountain Lion向けに「セキュリティアップデート 2015-001 1.0」と「Safari 7.1.3/6.2.3」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがiOS 8.1.3、OS X 10.10.2 アップデートに続いて「セキュリティアップデート 2015-001 0.1」と「Safari 7.1.3/6.2.3」をリリースしています。詳細は以下から。


セキュリティアップデート-2015-001-1


 セキュリティアップデートはOS X 10.8 Mountain Lion と 10.9 Mavericksに提供されており、以下のリンクからダウンロード可能です。


OS-X-10-9-Mavericks-Security-Update-2015-001

Security Update 2015-001 Mountain Lion (177.4 MB)

Security Update 2015-001 Mavericks (62.3 MB)

 またSafariについてはOS X 10.10 Yosemite向けのSafari 8.0.3と同様の脆弱性を修正したSafari 7.1.3(for Mavericks), Safari 6.2.3 (for Mountain Lion)が提供されています。

WebKit
Available for: OS X Mountain Lion v10.8.5, OS X Mavericks v10.9.5, OS X Yosemite v10.10.1
Impact: Visiting a maliciously crafted website may lead to an unexpected application termination or arbitrary code execution
Description: Multiple memory corruption issues existed in WebKit. These issues were addressed through improved memory handling.

CVE-ID
・CVE-2014-3192 : cloudfuzzer

CVE-2014-4476 : Apple

CVE-2014-4477 : lokihardt@ASRT working with HP’s Zero Day Initiative

CVE-2014-4479 : Apple

[About the security content of Safari 8.0.3, Safari 7.1.3, and Safari 6.2.3 – Apple Support]

 まだ、Downloadサイトには登録されていませんが、CDNへのリンクは以下のとおりです。

Safari 6.2.3 Mountain Lion (60.4 MB)

Safari7.1.3 Mavericks (61.1 MB)

関連リンク:
Support – Downloads – Apple