Apple、OS X 10.10ユーザー向けに「OS X Yosemite 10.10.2 Combo Update」を提供開始。

スポンサーリンク

 Appleが「OS X Yosemite 10.10.2 Combo Update」の提供を開始しています。詳細は以下から。


OS-X-Yosemite-10-10-2-Combo-Update-Hero


 AppleはOS X Yosemiteの2ndアップデートとなるOS X 10.10.2を今朝リリースしましたが、同時にOS X 10.10からアップデートするユーザー向けに「OS X Yosemite 10.10.2 Combo Update」をリリースしています。(リリースノートはOS X 10.10.2 Updateと同じ)

・Wi-Fiが接続解除される問題が解決されます

・Webページの読み込みが遅くなる問題が解消されます

・メールの環境設定でリモートコンテンツの読み込みを無効にした場合、Spotlightではメールのリモートコンテンツが読み込まれてしまう問題が修正されます

・Bluetoothヘッドフォンを使用しているときのオーディオとビデオの同期が改善されます

・Time MachineでiCloud Driveをブラウズする機能が追加されます

・VoiceOver 読み上げのパフォーマンスが向上します

・Webページでテキストを入力するときにVoiceOverが文字をエコーする問題が解決されます

・入力プログラムの言語が突然切り替わる問題が解決されます

・Safari の安定性とセキュリティが向上します

このアップデートについて詳しくは、次のサイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT204210?viewlocale=ja_JP

 OS X Yosemite 10.10.2 Combo UpdateにはOS X 10.10.1でアップデートされたアプリやPDF Servicesなども一緒に含まれているので、OS X 10.10ユーザーやシステム管理者の方は以下リンクからどうぞ。


OSXUpdCombo10-10-2-pkg

OS X Yosemite 10.10.2 Update (554.3 MB)

OS X Yosemite 10.10.2 Combo Update (840.3 MB)

コメント

  1. Apple7743 より:

    不具合もあるんだろうなぁ〜。と思いつつも朝起きてiPhoneとMacにアップデートを当ててしまう自分がいる。
    ああ人柱

  2. Apple7743 より:

    ※1
    ヒトバシラーになれるってことは目の前に困難があったら立ち向かわなければ気が済まないってことですから気持ちがまだ若いって証ですがな。

  3. Apple7743 より: