Appleがサポートを終了したメディアプレイヤーQuickTime 7デザインのApple Music用コントローラー「QuickTune 7 for macOS」がリリース。

QuickTune 7 for macOS アプリ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Appleがサポートを終了したメディアプレイヤーQuickTime 7デザインのApple Music用コントローラー「QuickTune 7 for macOS」がリリースされています。詳細は以下から。

QuickTune for macOS

 Appleは2018年06月に開催したWWDC18で、macOS 10.14 Mojaveが32-bitアプリのサポートする最後のmacOSとなると発表するとともに、macOSデフォルトのメディアプレイヤーだった「QuickTime 7」やレガシーなQTKitフレームワークのサポート終了を発表し、

Quick Time Player 7 in macOS Mojave

Quick Time Player 7 in macOS Mojave

開発者やユーザーに対しAVFoundationフレームワークを用いたQuickTime Playerへの以降を求め、翌年リリースされたmacOS 10.15 CatalinaではQuickTime 7が利用できなくなりましたが、このQuickTime 7のデザインを模したApple Music用コントローラー「QuickTune 7 for macOS」が新たにリリースされています。

QuickTune 7 for macOS

Control Apple Music with this simplified controller that has the look and feel of QuickTime 7 and Mac OS X “Tiger”.

QuickTune for macOS – Mario Guzman

 QuickTune 7 for macOSを公開したのは、旧iTunesのMusic Widgetを再現したMusic Widget for macOSやiTunesのミニプレイヤーを再現したMusic MiniPlayer for macOSなどを開発する米オレゴン州のMario Guzmanさんで、QuickTune 7を起動し、Apple Music(ミュージック)アプリへのアクセス許可を与えると、QuickTune 7でミュージックアプリを操作できるようになります。

QuickTune 7 for macOS

 QuickTune 7では、ミュージックアプリで再生中の曲のカバーアートの表示、再生/停止、戻る/進む、シャッフル、リピート、ボリュームの操作のほか、インスペクターやプレイリストを表示&選択することができます。

QuickTune 7

 QuickTune 7のシステム要件はmacOS 11 Big Sur以降のIntel/Apple Silicon Macで、アプリは無料で公開されており、Music WidgetやMini Playerと同じくSwiftとAppKitを利用し100%ネイティブアプリとして開発したそうなので、QuickTime 7が懐かしい方は利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました