2000年に公開されたMac OS X (Public Beta)に搭載されていたMusic Playerを再現したミュージックアプリ用コントローラー「Music Remote for Macintosh」がリリース。

スポンサーリンク

 2000年に公開されたMac OS X (Public Beta)に搭載されていたMusic Playerを再現したミュージックアプリ・コントローラー「Music Remote for Macintosh」がリリースされています。詳細は以下から。

Music Remote for Macintosh

 AppleはMac OS X 10.0 Cheetahのリリースを翌年に控えた2000年、Mac OS XのPublic Beta版を29.95ドルで販売しましたが、そのPublic Beta版に搭載されていたCDやMP3ファイル再生アプリ「Music Player」を再現したミュージックアプリ・コントローラー「Music Remote for Macintosh」が新たにリリースされています。

Music Remote for Macintosh

On September 13, 2000, Apple Computer released the first Public Beta of Mac OS X ahead of its initial release in March 24, 2001. […] This beta version of Mac OS included a music application capable of playing CDs & MP3 files, and was named Music Player.Music Remote is a tribute to that short lived, long forgotten application.

Music Remote for Macintosh – Mario Guzman

 Music Remoteを公開したのは、macOS 10.15 Catalinaで廃止したDashboardのiTunes Widgetを再現したMusic Widget for macOSや旧iTunesのミニプレイヤーのUIを再現したMusic MiniPlayer for macOSを開発しているMario Guzmanさんで、他のアプリと同じくミュージックアプリを操作することができます。

Music RemoteとMusic MiniPlayer, Music Widgetアプリ

Music RemoteとMusic MiniPlayer, Music Widgetアプリ

 Music Remoteのシステム要件はmacOS 12 Monterey以降のIntel/Apple Silicon Macで、Guzmanさんのサイトから無料でダウンロードできるので、興味のある方はチェックしてみてください。

Music Remote for Macintosh