参考資料などをデスクトップの最前面に表示しておくことができるMac用ミニブラウザ「Pipper」がリリース。

スポンサーリンク

 参考資料などをMacのデスクトップの最前面に表示しておくことができるミニブラウザ「Pipper」がリリースされています。詳細は以下から。

Pipper for Mac

 資料作りや操作の難しいアプリを利用する際に、参考資料やチュートリアル動画をMacのデスクトップ上に常時表示しておきたいことがありますが、その様な場合に活用できるミニブラウザ「Pipper」が新たにリリースされています。

Pipper for Mac

Just a webview in a window configured to be floating over other apps.I sometimes like to have a window stay always visible on screen, so I did this.If you have an ultrawide monitor I am sure you can understand!

curzel-it/pipper – GitHub

 Pipperは、Macのデスクトップ上に羊やコアラ、恐竜、Nyan Catなど様々なキャラクターを表示しておくことができるDesktop Pets」アプリを開発しているイタリアのFederico Curzelさんが新たに公開したアプリで、アプリを起動するとデスクトップの最前面に常時表示されるミニブラウザが現れます。

 同様の機能のアプリはFixture in PictureHe3 (旧Helium)」などがありますが、Pipperにはブックマークや検索、ショートカットキー、URLのコピー、マルチウィンドウ、ユーザーエージェントの変更、Always on TopのON/OFF設定などが備わっており、

curzel-it/pipper – GitHub

アプリのシステム要件はmacOS 12 Monterey以降で、無料でMac App Storeに公開されているので、興味のある方は試してみてください。