iPadOSのSlide Overのような動きで、Macのディスプレイサイドの最前面に常駐する簡易ブラウザ「Fixture in Picture」がリリース。

スポンサーリンク

 iPadOSのSlide Overのように、Macのディスプレイサイドの最前面に常駐する簡易ブラウザ「Fixture in Picture」がリリースされています。詳細は以下から。

Fixture in Picture

 Appleは2015年にリリースしたiOS 9で、現在利用しているアプリから離れずに素早く情報を参照できるよう、アプリの上にアプリを表示する「Slide Over」というマルチタスク機能を実装しましたが、このSlide Overの動きをmacOSで再現した簡易ブラウザ・アプリ「Fixture in Picture」がリリースされています。

iPadOSのSlideOverとFixture in Picture

iPadOSで使えるSlideOverをmacOSで再現したアプリです。常に最前面にでる画面でブラウジングが可能となっています。作業しながら検索したり、動画、音楽を聴きたい人におすすめです!

Fixture in Picture – Mac App Store

 Fixture in Pictureをリリースしたのは、Yahoo JapanのiOSエンジニアのHiroyasu Niitsumaさんで、アプリを起動するとミニブラウザがデスクトップの最前面に表示され、アプリをドラッグしたままディスプレイの左右または四隅に移動すると、リサイズされてディスプレイ最前面に常駐してくれるので、参考資料やSNS、動画視聴などに活用できます。

Fixture in Picture for Mac

 Fixture in Pictureのシステム要件はmacOS 11.2 Big Sur以上のMacで、アプリはMac App Storeで無料で公開されており、アスペクト比が21:9などのワイドディスプレイ(UWQH)で利用すると便利のようなので、興味のある方は試してみてください。

Fixture in Picture