macOS 13 Venturaでは共有メニュー やSiriのデザインもiOSライクに。

スポンサーリンク

 macOS 13 Venturaでは共有やSiriのデザインもよりiOSライクに刷新されています。詳細は以下から。

macOS 13 Ventura

 Appleは2022年06月に開催したWWDC22で、次期macOSmacOS 13 Venturaでは、システム環境設定アプリがSwiftUIを用いてデザインが刷新され、それに合わせて名前もシステム設定アプリに変更し、

システム環境設定からシステム設定へリネーム

WWDC22 What’s new in AppKitより

iOSやiPadOSに慣れ親しんだ多くのiPhone/iPadユーザーが、Macの設定をより簡単に行えるデザインになると発表しましたが、macOS 13 Venturaでは、このシステム設定アプリの他に、共有メニューやSiriのデザインもiOS/iPadOSライクに変更されています。

macOS 13 VenturaとiPadOS 16のシステム設定アプリ

macOS 13 VenturaとiPadOS 16のシステム設定アプリ

スポンサーリンク

macOS 13 Venturaの共有メニュー

 共有メニューはファイルをメールやメッセージ、AirDrop、iCloudなどで送り、他のユーザーと共有できるようにしてくれる機能で、macOS 12 Montereyまではリスト表示で送りたいアプリやサービスを選択するようになっていましたが、

macOS 13 VenturaとmacOS 12 Montereyの共有メニュー

macOS 13 VenturaとmacOS 12 Montereyの共有メニュー

macOS 13 Venturaの共有メニューは、iOSやiPadOSの共有メニュー(iOSでは共有シート)のように、周囲にいるユーザーや最近連絡を取り合ったユーザーのアバターとサービスをあわせて表示してくれるようになっています。

macOS 13 Venturaの新しい共有メニュー

macOS 13 Venturaの新しい共有メニュー

Siri

 また、macOS 13 VenturaではAppleの音声アシスタントSiriのデザインもiOS/iPadOS 16のSiriと同じ様にコンパクトになりなっていますが、機能的にはアップデートはないようです。

macOS 13 VenturaとmacOS 12 MontereyのSiri

macOS 13 VenturaとmacOS 12 MontereyのSiri

  • macOS 13 Venturaの新機能まとめ (準備中)

コメント

  1. 匿名 より:

    iOSとデザインを似せている理由ってなんだろうね。
    単にiOSのユーザをmacに呼び込むためなんだろうか。