macOS 13 VenturaではScreenCaptureKitをサポートした「OBS Studio v28」以降で、Soundflowerなどのオーディオルーティングソフトなしにアプリのオーディオをキャプチャすることが可能に。

スポンサーリンク

 macOS 13 VenturaではScreenCaptureKitをサポートした「OBS v28」以降で、SoundflowerやBlackHoleなどのオーディオルーティングアプリなしでウィンドウ/アプリ単位のオーディオをキャプチャが可能になっています。詳細は以下から。

OBS Studio 26.1 Release Candidate 1

 Appleは現地時間2022年03月にリリースした「macOS 12.3 Monterey」で、ZoomやCisco Webex、OBS、Microsoft Teamsの開発者の意見を取り入れて開発したスクリーンキャプチャ用APIScreen Sharing API (ScreenCaptureKit)」の提供を開発者向けに開始、

ScreenCaptureKit availablity macOS 12 3 Monterey

06月に開催されたWWDC22のセッションTake ScreenCaptureKit to the next levelでは、ScreenCaptureKitをサポートしたライブ配信アプリOBS Studio v28以降で、SoundflowerやBlackHoleなどのオーディオルーティングソフトなしに、直接オーディオをキャプチャすることが可能になっています。

Take ScreenCaptureKit to the next level

OBSユーザに提供する他の改善点を見てみましょう。[…]ScreenCaptureKitのおかげでゲームからオーディオストリームを直接キャプチャできます。[…]オーディオルーティングソフトを別にインストールする必要はありません。Macで「太鼓の達人 Pop Tap Beat」のようなゲームを人気のストリーミングサービスに配信できます。

Take ScreenCaptureKit to the next levelより

スポンサーリンク

macOS 13 VenturaとOBS Studio v28

 上記のScreenCaptureKitはmacOS 12.3 Montereyから導入されていますが、OBS Studio v28ではいくつかの問題からmacOS 13 Ventura以降でアプリケーションからのオーディオストリームを直接キャプチャできる「Direct Audio Capture」がサポートされており、macOS 13 Ventura上でOBS Studio v28を利用してウィンド/アプリケーションキャプチャを行うと、

macOS 13 VenturaとmacOS 12 MontereyでのOBS Studio v28

macOS 13 VenturaとmacOS 12 MontereyでのOBS Studio v28

仮想オーディオデバイスを作成するSoundflowerやBlackHoleなどを必要とせず、そのウィンド/アプリケーションのオーディオがキャプチャされるようになっているので、ゲーム配信などをされている方はmacOS 13 Venturaアップグレード後にチェックしてみてください。

太鼓の達人のオーディオをキャプチャ

OBS Studio v28で太鼓の達人のオーディオをキャプチャ

おまけ

 また、Open Broadcaster Software Projectは現地時間2022年11月01日付で、「OBS Studio v28」の初のマイナーアップデートとなるOBS Studio v28.1をリリースし、WindowsプラットフォームでNVENC AV1ハードウェアエンコーダーをサポートし、macOSでのいくつかの不具合を修正しています。

OBS Studio v28.1 update

  • macOS 13 Venturaの新機能まとめ (準備中)