macOS 13 VenturaのFinderの不具合により、Raspberry Pi Picoやmicro:bitなどマイコンボードへファームウェアを転送出来ない問題が発生中。

スポンサーリンク

 macOS 13 VenturaのFinderの不具合により、Raspberry Pi Picoやmicro:bitなどマイコンボードへファームウェアを転送出来ない問題が確認されているそうです。詳細は以下から。

macOS 11 Big SurのFinderアイコン

 Appleは日本時間2022年10月25日、ステージマネージャやSpotlightの強化したmacOS 13 Venturaを正式にリリースしましたが、Raspberry Piのドキュメント作成を担当しているAlasdair Allanさんによると、VenturaではFinderに不具合があり、Raspberry Pi Picoへドラッグ&ドロップでファームウェア・アップデートを行えない問題が発生しているそうです。

This (and the fact that cp command doesn’t have the problem) makes me suppose the issue relates to Finder trying to write and then read additional metadata (or a resource or perhaps .DS_Store) to/from the drive.[…] NOTE: This is a common mechanism employed by embedded devices which support firmware updates over USB.

Cannot drag a UF2 to RPI-RP2 on macOS Ventura · Issue #1081より

 Raspberry Pi Pico SDK開発チームによると、Raspberry Pi PicoはUF2(USB Flashing Format)フォーマットを利用してUSB経由でファームウェアをアップデートを行いますが、その際に作成される偽ボリュームにVenturaのFinderがメタデータやリソース、.DS_Storeなどを書き込み、その後、メタデータなどを読み込むタイミングで、以下のエラーが表示されUF2ファイルの移動(コピー)に失敗するそうです。

The operation can’t be completed because an unexpected error occurred (error code 100093).

The operation can’t be completed because an unexpected error occurred (error code 100093).

 開発チームは下位のmacOSやcpコマンドを利用した移動では問題がないため、この不具合はVenturaのFinderに問題があるようだとコメントしており、micro:bitのDAPLinkを開発するチームも同じ問題を確認しており、AllanさんはAppleに問題を通知し現在協議を行っているそうなので、今後のmacOSアップデートで修正されると思われます。

スポンサーリンク

追記

 Raspberry Pi財団やmicro:bitは、この問題に対し、AppleがFinderの不具合を修正するまでcpやrsyncコマンドを利用してUF2ブートローダーを転送しアップデートを行うよう指示しています。

cpコマンドでUF2ブートローダーを転送

コメント

  1. 匿名 より:

    なんかsmbでマウントした先はFinderの検索が使えなくなってるよね