Adobe、macOS 13 Venturaと「Lightroom Classic 12.0」においていくつかの不具合が確認されているとしてサポートページを公開。

スポンサーリンク

 AdobeがmacOS 13 Venturaと「Lightroom Classic 12.0」においていくつかの不具合が確認されているとしてサポートページを公開しています。詳細は以下から。

Lightroom Classic

 Appleは日本時間2022年10月25日、iPadOSと同じウィンドウマネージャ機能となるステージマネージャやSpotlightの強化したmacOS 13 Venturaを正式にリリースしましたが、Adobeによると、このmacOS 13 Venturaと写真編集/管理アプリ「Lightroom Classic 12.0」で不具合が確認されているそうです。

Known issues in Lightroom Classic

Lightroom Classic 12.0 のリリースに関わり、現在いくつかの問題が確認されています。せっかくアップデートいただいたところに、ご不便をおかけしており大変申し訳ございません。情報のアップデートがあり次第、本ページの内容も更新してまいります。

Lightroom Classic 12.0 にて「完了」ボタンの削除など確認されている問題について – Adobe Support Community

 Adobeによると、現在macOS 13 VenturaへアップグレードしたMacでLightroom Classic 12.0を利用すると、完了ボタンが表示されない(問題①)、カタログを外付けHDDで運用した場合に以前のバージョンで利用していたカタログがアップデートできない/カタログを開くことが出来ない(問題②)、Nikonのカメラでテザー撮影が行えない(問題③)という不具合を確認しているそうで、

Known issues in Lightroom Classic Done and Catalog

  • 【問題①】 切り抜き時やマスク時に表示される「完了(Done)」のボタンが表示されない → UIの仕様変更
  • 【問題②】 macOS Venturaで利用時、以前のバージョンで作成したカタログのアップグレードが出来ない。または開けない。 → アップグレードに伴い問題
  • 【問題③】 macOS VenturaではNikonのカメラにてテザー撮影を行えない → 現在のところ回避策なし

問題③以外は回避策が示されているので、macOS 13 VenturaへアップグレードしてしまったLightroom Classicユーザーの方チェックしてみてください。

スポンサーリンク

追記

 米Adobeのサポートフォーラムによると、先程、macOS 13 Venturaアップグレード後に、外付けストレージに以前のバージョンで作成したカタログのアップグレードが出来ない問題②を修正したHotfix「Lightroom Classic 12.0.1」がリリースされましたそうで、

Catalog Upgrade or New Catalog creation failing when location is an external disk on macOS Ventura (13.0)

Catalog Upgrade or New Catalog creation failing when location is an external disk on macOS Ventura (13.0)

Fixed issues in Lightroom Classic – Adobe

Adobe QAエンジニアのRikk Flohrさんは、Adobe Creative Desktopアプリを[Ctrl/Cmd]+[Alt/Opt]+[R]で再起動してアップデートを適用してほしいとコメントされています。

Lightroom Classic 12.0.1