Twitter for iOSがツイートに添付された4K画像の読み込みに対応。

スポンサーリンク

 Twitter for iOSが4K画像の読み込みに対応しています。詳細は以下から。

Twitter for iOSのアイコン。

 Twitter for Macの開発を担当しているNolan O’Brienさんによる、Twitter公式のiOS用クライアント「Twitter for iOS」が4K(4096ピクセル以上)画像の読み込みに対応したそうです。

Twitter for iOSが4K画像の読み込みに対応。

 4K画像の読み込み機能についてリリースノートには特に記載はありませんが、現地時間2020年02月24日にリリースされたTwitter for iOS v8.10から徐々にロールアウトされているようで、Twitter社のNolan Brienさんによると4K以上の十分な像度を持った画像をTwitter.comまたは特定のサードパーティ製クライアントで投稿すると4K解像度でアップロードされ、

Twitter for iOSでは共有シートから「4Kを読み込む」を選択することで、4K解像度の画像が読み込まれるようになっていますが、32インチRetina 6K解像度ディスプレイPro Display XDRに最適化されたmacOSの壁紙など、4K以上の解像度の画像を投稿して、4Kで読み込んでも4K以下に圧縮されるようなので、現在のところは4Kが最大のようです。

Twitter for iOSとmacOSの4K画像比較

Mac/iPad/Web版のTwitterでは「4Kを読み込む」オプションは表示されませんが、自動的に4K解像度の画像がロードされるそうです。
スポンサーリンク

サンプル