Apple、macOS Big SurとMonterey向けに複数の脆弱性を修正した「macOS 11.7 Big Sur」と「macOS 12.6 Monterey」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 11 Big SurとmacOS 12 Monterey向けに複数の脆弱性を修正した「macOS 12.6」と「macOS 11.7」をリリースしています。詳細は以下から。

macOS 11 Big Surのロゴ

 Appleは現地時間2022年09月12日、iPhone 8シリーズやiPhone X以降のiPhoneに対応し、ロック画面のパーソナライズや集中モード、日本語のテキスト認識表示をサポートしたiOS 16を正式にリリースする一方で、iOS/iPadOS 15向けにゼロデイ脆弱性を修正したiOS/iPadOS 15.7を公開しましが、

iOS 15.7へのアップデートとiOS 16へのアップグレード

同じくMacに対しても、macOS 11 Big SurとmacOS 12 Monterey向けにセキュリティアップデートとなる「macOS 11.7 Big Sur Build 20G817」「macOS 12.6 Monterey Build 21G115」を公開しています。

macOS 12.6 Monterey Build 21G115

このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

リリースノートより

 Appleが同時に公開したセキュリティコンテンツによると、macOS 11.7 Big SurではCVEベースで10件、macOS 12.6 Montereyでは8件の脆弱性が修正されており、中には悪意のあるアプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードが実行される可能性があるKernelに対するゼロデイ脆弱性(CVE-2022-32917)も含まれているので、ユーザーの方は時間を見つけてアップデートすることをお勧めします。

About the security content of macOS Monterey 12.6

スポンサーリンク

おまけ

 Appleは10月に次期Mac OSmacOS 13 Venturaのリリースを予定していますが、そのリリースを前にmacOS 10.15 Catalinaのサポートが終了されたようです。

macOS betaのリリースカレンダー

コメント

  1. 匿名 より:

    新バージョン出る前に、Catalinaサポート終了!
    後方1世代までしか、サポートを行わくなる前触れか?