Apple、新しいApple H2チップにより最大2倍となるANCやApple Watch充電器での充電に対応した完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro (第2世代)」を9月23日より発売。

スポンサーリンク

 Appleが新しいApple H2チップを採用した完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro (第2世代)」を。詳細は以下から。

AirPods Pro

 Appleは現地時間2022年09月07日、スペシャルイベントFar Out.を開催し、その中で、2019年に発売した完全ワイヤレスイヤホンの上位モデルAirPods Proの後継モデルとなる「AirPods Pro (第2世代)」を新たに発売すると発表しています。

AirPods Pro (第2世代)

 AirPods Pro (第2世代)は、新たにAirPods Pro用に開発したApple Silicon「Apple H2」チップを搭載することで、より高帯域幅での接続が可能になっており、2019年に発売した初代AirPods Proからオーディオドライバとアンプが刷新されているそうです。

AirPods Pro (第2世代)

イヤホン

 AirPods Proでは没入感のあるオーディオ体験を可能にする空間オーディオ機能が利用可能ですが、iOS 16を搭載したiPhoneではTrueDepthカメラを利用しユーザーの耳の形を計測し、ユーザーのためだけに調整された空間オーディオのパーソナルプロファイルを作成できるようになります。

AirPods Pro (第2世代)

 AirPods Proでは周辺の車や電車、工事などの環境騒音をカットするアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能が特徴的な機能の1つですが、Apple H2チップを搭載したAirPods Pro (第2世代)は、H2チップとマイクの位置を最適化し初代AirPods Proの2倍のノイズキャンセリングを実現し、

AirPods Pro (第2世代)

パッシブノイズリダクションを実現するインイヤーフィットは、新たにエクストラスモール(XS)のイヤーチップにより、多くのユーザーがAirPods Proを1日中快適に装着できるように開発されているそうです。

AirPods Pro (第2世代)

 また、 Apple H2チップを搭載したAirPods Pro (第2世代)では消費電力も削減され、バッテリー駆動時間もイヤホン単体で最大6時間と初代AirPods Proから33%増加しており、充電ケースと合わせれば最大合計30時間の音楽再生が可能になっているそうなので、

AirPods Pro (第2世代)

3年前に購入した初代AirPods Proのバッテリーが劣化し、駆動時間がスペック値より短くなっているユーザーには嬉しい性能となっています。

充電ケース

 AirPods Pro (第2世代)では充電ケースもアップデートされ、より簡単に充電できるようLightningケーブルやQiワイヤレス充電器での充電はもちろん、Apple Watch用の充電器でも充電できるようになっています。

AirPods Pro (第2世代)

 また、充電ケースはストラップループとスピーカーを新たに搭載し、スピーカーはAppleの探す機能から音を鳴らして場所を分かりやすく知らせてくれる他、バッテリー残量が減ったりペアリングが完了する時にも音を再生してくれます。

AirPods Pro (第2世代)

 AirPods Pro (第2世代)は日本時間09月09日午後9時より注文を開始し、09月23日より販売を開始するそうなので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

AirPods Pro (第2世代)は現地時間2022年09月23日より販売開始。

追記

 AirPods Pro (第2世代)の価格は249ドル、日本では税込み39,800円となっています。

AirPods Pro (第2世代)