iOS 16では設定アプリの一番上にAirPodsやBeatsの設定メニューが表示されるように。

スポンサーリンク

 iOS 16では設定アプリの一番上にAirPodsやBeatsの設定メニューが表示されるようになっています。詳細は以下から。

iOSの設定アプリ

 Appleは2016年09月に発表した「iPhone 7」でイヤホンジャックを廃止し、有線接続のEarPodsイヤホンの同梱を終了するとともに、Bluetooth接続の完全ワイヤレスイヤホンAirPodsを発売し、

AirPods 2016

その後、現在までAirPodsシリーズはAppleの人気製品の1つとなっていますが、Appleが現地時間2022年09月12日に正式にリリースしたiOS 16では、iOSの設定アプリの一番上(Top of Settings)にAirPodsの設定が表示されるようになりました。

AirPods Settings the top of Settings

 AirPodsの設定はiOS 15まで[Bluetooth]からアクセスできましたが、iOS 16ではペアリング後、設定アプリを開いて直ぐに空間オーディオやアクティブノイズキャンセリングの設定ができるようになっているので、AirPodsやBeatsユーザーの方は試してみてください。

iOS 16で一番上に表示されるようになったAirPodsの設定

接続が解除されると設定画面の一番上からは消えますが、[Bluetooth]からシリアル・ナンバーなどの情報を確認できます。
  • iOS 16の新機能まとめ (準備中)