Apple、iOS 16で新たに導入予定だったカンナダ語とマラヤーラム語 – 英語辞書を見送り。

スポンサーリンク

 AppleはiOS 16で新たに追加予定だったカンナダ語とマラヤーラム語 – 英語辞書の導入を見送ったようです。詳細は以下から。

iOS 16

 Appleは現地時間2022年07月27日、今年の秋にもリリースを予定しているiOS 16/iPadOS 16の4th BetaとなるiOS/iPadOS 16 beta 4 Build 20A5328hを公開しましたが、Appleは同時に、iOS 16/iPadOS 16で導入予定だった2つの二言語辞書の導入を見送ったと発表しています。

iOS 16 bilingual dictionaries

Five new bilingual dictionaries are available: Bangla–English, Czech–English, Finnish–English, Hungarian–English, and Turkish–English.

iOS 16 Preview – Apple

 iOSやiPadOSには、Appleがライセンス契約を結んだ辞書が同梱され、Spotlightやコンテキストメニューから辞書をひくことが可能で、その数はOSのアップグレードごとに増え[1, 2]ており、今年リリース予定のiOS 16/iPadOS 16には、以下の7つの二言語辞書が導入される予定でしたが、Appleは07月27日付でカンナダ語とマラヤーラム語 – 英語をリストから削除しています。

iOS 15の辞書

macOSでも辞書アプリから利用できます。

 削除された理由は定かではありませんが、どちらもインドで利用されている言語なので、ライセンスに問題が発生したのかもしれません。

iOS 16で導入予定の辞書

  1. ベンガル語 – 英語
  2. チェコ語 – 英語
  3. フィンランド語 – 英語
  4. ハンガリー語 – 英語
  5. カンナダ語 – 英語
  6. マラヤーラム語 – 英語
  7. トルコ語 – 英語