iOS 16ではカメラとマイクに加え位置情報を使用したアプリもコントロールセンターから確認可能に。

スポンサーリンク

 iOS 16ではカメラとマイクに加え位置情報のインジケータも表示され、コントロールセンターからは最近使用したアプリを確認することが可能になっています。詳細は以下から。

App Storeのプライバシーアイコン

 Appleが2020年09月にリリースした「iOS 14」では、ユーザーのプライバシー保護を強化するため、サードパーティ製アプリはもちろんApple製アプリであってもiPhoneのカメラやマイクを使用すると、iPhoneのステータスバーに緑/オレンジのインジケータを表示し、そのアプリ名をコントロールセンターに表示するようになりましたが、

iOS 14のインジケーターランプ

iOS 14で追加されたプライバシーインジケータ

現地時間2022年09月12日にリリースされたiOS 16では、カメラとマイクに加え、iPhoneの位置情報にアクセスするアプリでもインジケータが表示されるようになっています。

WWDC22 "What’s new in privacy"より

WWDC22「What’s new in privacy」より

スポンサーリンク

iOS 16のプライバシーインジケータ

 WWDC22の「What’s new in privacy」によると、これまでiOSではアプリが位置情報を使用中の場合、ステータスバーに矢印マークを表示していましたが、iOS 16では、アプリが位置情報を使用した後、iOS 14のカメラとマイクインジケータの様にコントロールセンターから、位置情報の使用アプリを確認できるようになっているそうです。

iOS 16のプライバシーインジケータ

 また、iOS 16では、カメラ、マイク、位置情報を直前に使用したアプリ名だけがコントロールセンターに表示するだけでなく、[>]マークをタップすることで、最近それらを使用したアプリ名と使用したデバイス/情報を表示できるようになているので、気になるインジケーターが表示された場合はチェックしてみてください。

  • iOS 16の新機能まとめ (準備中)