MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)の256GB SSDストレージは、旧MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)の256GB SSDよりRead/Write速度が落ちるもよう。

スポンサーリンク

 256GBのSSDストレージを搭載したMacBook Pro (13-inch, M2, 2022)のベースモデルは、旧MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)よりRead/Write速度が落ちるようです。詳細は以下から。

 Appleは日本時間2022年06月27日より、CPUとGPU、Neural/Media Engineを強化し、最大24GBのメモリを搭載可能なApple M2チップを搭載した「MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)」の発売を開始しましたが、

M2チップ搭載MacBook Pro

このMacBook Pro (13-inch, M2, 2022)のいくつかのレビューによると、MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)のベースモデルに搭載されている256GB SSDストレージは、前モデルとなるMacBook Pro (13-inch, M1, 2020)の256GB SSDストレージより、シーケンシャルRead/Write値が低いようです。

MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) 256GB SSDモデルのベンチマーク

MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) 256GB SSDモデルはWriteが2,300MB/s、Readが2,900MB/sほど。

スポンサーリンク

Apple M1/M2 MacBook Proの違い

 SSDストレージのシーケンシャルRead/Write値は、通常、ストレージ容量が大きいほどコントローラーがアクセスできるNAND型フラッシュメモリの数の多いため、シーケンシャル値が高くなる傾向(インターリーブアクセス)にあり、これは古いMac[1, 2]でも同じですが、

YouTube channels such as Max Tech and Created Tech tested the 256GB model with Blackmagic’s Disk Speed Test app and found that the SSD’s read and write speeds are both around 1,450 MB/s, which is around 50% slower reading and around 30% slower writing compared to the 13-inch MacBook Pro with the M1 chip and 256GB of storage.

Base 13-Inch MacBook Pro With M2 Chip Has Significantly Slower SSD Speeds – MacRumors

分解レポートによると、Apple M1/M2チップを搭載したMacBook Proは、256GBという同じストレージ容量でも、MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)はNANDチップが2枚(128GB x2)だったのに対し、MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)はNANDチップ1枚に変更されているため、このような結果になっているようで、以下の通り、MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)の256GB SSDストレージは、前モデルと比較してWriteが約30%、Readは約50%も低速になっています。

Apple M1/M2 MacBook ProのSSDの違い

BIG Issues with M2 MacBook Pro SSDs…より作成

 ちなみに、MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)の上位モデルに搭載されている512GB SSDストレージは、M1モデルと同様に、シーケンシャルRead/Writeともに2,000MB/sを超えているので、より高速なストレージ性能が必要な方はMacBook Pro (13-inch, M2, 2022)の上位モデルを購入したほうが良さそうです。

おまけ

 Appleは2020年11月に、Apple M1チップを搭載したMacBook Air (M1, 2020)を発表した際、MacBook Air (M1, 2020)のストレージは最新のストレージコントローラとフラッシュメモリの採用により、前MacBook Airと比較してSSDのパフォーマンスは2倍になっていると発表していましたが、

MacBook Air (M1, 2020)のSSD速度

MacBook Proの例から、Apple M2チップを搭載したMacBook Air (M2, 2022)もストレージ容量256GBのベースモデルは、前モデルと比較してシーケンシャルRead/Write値が低いかもしれません。

MacBook Air M2, 2022 model and prices

追記

 頂いたコメントによると、AppleはMacBook Pro (13-inch, M2, 2022)の製品紹介ページから、SSDのシーケンシャル速度値に関する記述を削除したようなので、最大2TBのCTOモデルでもRead/Write値の違いがあるかもしれません。

MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)とMacBook Pro (13-inch, M2, 2022)の製品紹介ページ

MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)とMacBook Pro (13-inch, M2, 2022)の製品紹介ページ

コメント

  1. 匿名 より:

    「分解レポートによると、MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)は256GB SSDストレージのNANDチップが2枚(128GB x2)だったのに対し、MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)はNANDチップ1枚に変更されているため、」

    前者はM1, 2020では。

  2. 匿名 より:

    ファンが付いているぐらいしかMacBook Airに勝てる要素全くないし、こんな物よく作ったなって思う。
    MacBook Pro14インチの引き立て役としてだけ製造された?