キーボード・ショートカットに特化したオープンソースのウィンドウマネージャ「Rectangle for Mac」がウィンドウのギャップ設定に対応。

スポンサーリンク

 キーボード・ショートカットに特化したオープンソースのウィンドウマネージャ「Rectangle for Mac」がウィンドウ間のギャップ設定に対応しています。詳細は以下から。

Rectangle for Mac

 RectangleはFacebookエンジニアのEric Czarnyさんが開発しオープンソースで公開していた「Spectacle」という、ショートカットキーに特化したウィンドウマネージャアプリベースに、Ryan Hansonさんが2019年から開発しているアプリですが、このRectangleがv v0.17アップデートで新たにウィンドウ間のギャップ設定に対応しています。

Rectangle for Mac window manager

Gaps between windows updated
When gaps between windows are configured, the gaps are now present for most window actions, as applicable.

リリースノートより

 ウィンドウ間のギャップ設定は以下のdefaultsコマンドで行うことが可能で、アプリのウィンドウ間とディスプレイのエッジ間にピクセル単位でギャップを設定できます。

Rectangle

defaults write com.knollsoft.Rectangle gapSize -float [NUM_PIXELS]

 デフォルトでのギャップ値は「0」で、この設定はウィンドウをSnap Areaに移動すると特定の位置にウィンドウを移動するウィンドウスナップ機能にも反映されます。

Snap Area