Microsoft、データを整形できるPower Query Editorを実装した「Excel for Mac v16.61」をInsiderメンバー向けに公開。

スポンサーリンク

 MicrosoftがPower Query Editorを実装した「Excel for Mac」をInsiderメンバー向けに公開しています。詳細は以下から。

Microsoft Excel for macOS 11 Big Sur

 Microsoftは2019年からExcel for Macにも、WebページやSQL、Access、Oracleといった様々なデータソースから、データの接続や結合を行うことが出来る「Power Query」の実装を開始し、今年01月にはApple Siliconに対応しましたが、

Excel for Mac Power Query

Hey Insiders! My name is Inbar Privman, and I’m a Product Manager on the Excel team. I’m excited to share with you that you now can clean and shape your data from local files, SharePoint, SQL, and tables and ranges with Power Query Editor in Excel for Mac!

Shape data with Power Query Editor in Excel for Mac – Office Insider

MicrosoftでExcel teamのプロダクトマネージャーを務めるInbar Privmanさんは現地時間2022年04月27日、Power Queryでデータを接続する前に、データを整理/整形できる「Power Query Editor」を実装した 「Excel for Mac v16.61 (Build 22041701)」をInsiderメンバー向けに公開したと発表しています。

Excel for Mac 16.60のPower Query

Excel for Mac 16.60のPower Query

スポンサーリンク

Power Query Editor

 Excel for Mac v16.61では、データメニューの[データの取り出し]およびPower Queryのデータの取得画面(上記)に新たに追加される[Next(次へ)]ボタンから「Power Query Editor」を起動することが可能になっており、

Excel for Mac v16.61

Power Query Editorでは、Excel for WindowsのPower Query Editorと同じ様にデータを整理/整形して、元のExcelデータに読み込むことが可能になっているそうです。

Power Query Editor

 Power Query EditorはTextやCSV、XLSX, XML, JSONファイルはもちろん、SharePointやMicrosoft SQL Serverなど以下のデータソースに対応しているそうなので、Insiderメンバーの方はチェックしてみてください。

  • text, CSV, XLSX, XML, and JSON files
  • SharePoint, SharePoint Lists, SharePoint Folders, and OData
  • local tables and ranges
  • Microsoft SQL Server