Oracle、Linux kernel 5.17のサポートとCritical Patch Updateを含んだ「VirtualBox v6.1.34」をリリース。

スポンサーリンク

 OracleがLinux kernel 5.17のサポートとCritical Patch Updateを含んだ「VirtualBox v6.1.34」をリリースしています。詳細は以下から。


 Oracleは現地時間2022年04月19日、WindowsとmacOS, Linuxのクロスプラットフォームに対応した仮想化ソフトウェアVirtualBoxの最新バージョンとなる「VirtualBox v6.1.34」アップデートの提供を開始したと発表しています。

Oracle VM VirtualBox 6.1.34

Available today, maintenance release 6.1.34 includes improvements and bug fixes for Oracle VM VirtualBox 6.1.Oracle VM VirtualBox 6.1.34 delivers the April 2022 Critical Patch Update (CPU) to address security vulnerabilities.

Oracle VM VirtualBox 6.1.34 is now available! – Oracle Virtualization Blog

 VirtualBox v6.1.34にはOracle製品に対する脆弱性の総合パッチとなるCritical Patch Updateが含まれており、VirtualBoxに対してはOracle VM VirtualBoxに関する脆弱性が5件と、Apache HTTP Serverの脆弱(CVE-2021-40438)が修正されているそうです。

Oracle Virtualization Risk Matrix April 2022

 また、同バージョンでは、Linux kernel 5.17の初期サポートと、VirtIO-scsi、IPv4&IPv6の改善、FreeBSD ISOイメージからブートする際の不具合修正に加え、MacではmacOS 11 Big Sur以降で、カーネル拡張がロードされない場合のGUI表示が改善されているそうなので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

Oracle VirtualBox not loaded macOS Kernel Extensions

VirtualBoxはIntel Macのみのサポートで、Apple Silicon Macにはインストールすることができません

VirtualBox 6.1.34

  • Linux host and guest
    • Introduced initial support for kernel 5.17
    • Fixes for Linux kernel 5.14 and initial support for RHEL 8 Update 6 kernel(s)
  • VirtIO support: improved and enhanced support for VirtIO-scsi
  • GUI: Improved GUI behavior on macOS Big Sur and later when kernel extensions are not loaded
  • Networking: General improvements in IPv4 and IPv6 area
  • EFI: Fixed booting from FreeBSD ISO images