macOS/iOS 15のSafari 15では動画の再生速度の変更が可能になり、メディコントローラーが改善。

スポンサーリンク

 macOSやiOS 15のSafari 15では動画の再生速度の変更が可能になり、メディコントローラーが改善しています。詳細は以下から。

Safari 15のアイコン

 Appleは現地時間2021年09月21日、iPhone 6sやiPhone SE(第1世代)以降のiPhone、iPad(第5世代)やiPad Air 2、iPad mini 4以降のiPad向けに「iOS 15/iPadOS 15」をリリースしましたが、このiOS 15/iPadOS 15のデフォルトブラウザであるSafariでは、動画の再生速度の変更が可能になっています。

iOS15のSafariで再生速度

 再生速度は0.5倍速から1.0x, 1.25x, 1.5x, 2.0xの5段階から選択可能で、動画再生中に表示されるメディコントローラーから変更可能となっており、このメディコントローラーもiOS 15のSafariでは字幕や言語選択が全画面にオーバーレイされないようになっています。

iOS15のSafariのメディコントローラー

 また、動画の再生速度の変更はmacOS 11 Big SurとmacOS 10.15 Catalina向けにリリースされたSafari 15でも可能になっていますが、Safari 15 Betaのリリースノートに記載されていたチャプターメニューの表示(字幕工房)には対応していないようなので、今後のアップデートで追加されるかもしれません。

Safari 15の再生速度

Media

  • Added Playback Speed and Chapters menus to built-in media controls.

New Features in Safari 15 betaより