システム環境設定のデフォルトWebブラウザ設定をメニューバーから行うことができるMacアプリ「BrowserSwitch」がリリース。

スポンサーリンク

 システム環境設定のデフォルトWebブラウザ設定をメニューバーから行うことができるMacアプリ「BrowserSwitch」がリリースされています。詳細は以下から。

BrowserSwitch

 BrowserSwitchはBabubabu StudiosのNirbhayさんが公開したメニューバーアプリで、仕事ではGoogle Chrome、プライベートではMozilla Firefoxというようにブラウザを使い分けているユーザーが、簡単にブラウザを切り替えられるよう、メニューバーにブラウザリストを表示&切り替えてくれる機能があります。

BrowserSwitch

A minimal app that lives in your menubar and provides an easy way to change the default browser for the system. It lists the browsers installed on your system. The app does not perform any network activity, analytics or do anything it shouldn’t 😉

‎BrowserSwitch – Mac App Store

 通常、macOSではデフォルトブラウザとしてSafariが設定されており、システム環境設定の[一般] → [デフォルトのWebブラウザ]からChromeやFirefoxなどサードパーティのWebブラウザをデフォルトブラウザに設定できますが、BrowserSwitchはこの設定をメニューバーから行うことが可能です。

BrowserSwitch

 BrowserSwitchのシステム要件はmacOS 10.12 Sierra以上でIntelとApple SiliconをサポートしたUniversal 2 Binaryとなっており、Mac App Storeで無料で公開されているので、頻繁にデフォルトブラウザを切り替えている方は試してみてください。