Nebula、Markdownやバージョン管理機能をサポートしたMac用アウトラインエディタ「Strike」のBeta版を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 NebulaがMarkdownやバージョン管理機能をサポートしたMac用アウトラインテキストエディタ「Strike」のBeta版を公開しています。詳細は以下から。

Strikeアプリのアイコン

 NebulaはmacOSおよびiOSデバイスに対応したメールクライアントAirmailを開発&販売しているイタリアBloopのソフトウェアエンジニアGiovanni Simoniccaさん新たに設立したMac用アプリを専門に扱うソフトウェア会社で、現在はMac用RSSリーダーCappuccinoのBeta版やTouchID対応メモアプリMemoなどを公開していますが、同社が新たにアウトラインエディタ「Strike」のBeta版を公開しています。

Shared Outline Documents for Mac

Strike for macOS Features

  • Collaborative Edits
  • Outline
  • Versioning and History
  • Tags
  • Markdown Support
  • Document Colors
  • Notes
  • Attachments
  • Type Operators, sort, removie duplicates..
  • Import Export Markdown

リリースノートより抜粋

 StrikeはイタリアShiny FrogのBearアプリと同様にMarkdownやmacOSによるバージョン管理、タグ、添付ファイル、コードブロック、アウトライン表示などの他、コラボレーション機能も追加する計画のようで、

システム要件はmacOS 10.13 High Sierra以上となっており現在はHockey AppおよびSlackでフォードバックを求めているので、利用してみたい方は公式サイトをチェックしてみて下さい。