OpenZFS、IntelおよびApple M1チップをサポートした「zfs-macOS-2.0.1」をリリース。

スポンサーリンク

 OpenZFSがmacOS 11 Big SurおよびIntel/Apple M1チップをサポートした「zfs-macOS-2.0.1」をリリースしています。詳細は以下から。

OpenZFSのアイコン。

 SolarisのファイルシステムZFSをMacへ移植するOpenZFS on OS Xプロジェクトのメンテナーで、東京のGMO InternetでSenior Unix Administratorを務めるJörgen Lundmanさんは日本時間2021年05月26日、IntelおよびApple M1チップを搭載したMacをサポートした「zfs-macOS-2.0.1」を新たにリリースしたと発表しています。

Announcing the release of the macOS port of OpenZFS version zfs-macOS-2.0.1.Expected support of 10.10 to 11.x, intel and arm64.[…]This is the new port (loosely) based off upstream OpenZFS-2.0.0! It brings up zpool features to be level with Linux and FreeBSD 2.0.0, and is the starting point of the PR to bring macOS support into the upstream OpenZFS repository.

openzfsonosx/openzfs: OpenZFS on Linux and FreeBSD (…and.. ?) – GitHub

 zfs-macOS-2.0.1はzpoolの機能をLinuxとFreeBSD 2.0.0で同レベルにしたOpenZFS 2.0.0からの新しいポートで、2019年に開催されたOpenZFS Developer Summit 2019の資料によると、今後はOpenZFSが現在ポートされているOpenZFS on OS Xを統合し、OpenZFS (3.0以降?)で公式にmacOSをサポートする計画で、zfs-macOS-2.0.1はそのPRのスタートポイントとなっているそうです。

OpenZFS v2.0.0

 zfs-macOS-2.0.1ではzfs send/zfs recvがpipeを利用するように書き換えられたほか、スナップショットの自動マウント、zstd(Zstandard)圧縮のサポートなどが行われており、

macOSのGatekeeperにブロックされたzfs-macOS-2.0.1

インストール時にはJörgen Lundmanさんによって署名された機能拡張の読み込み許可をシステム環境設定アプリの[セキュリティとプライバシー] → [一般]で許可しなければ以下のようなエラーが表示されるので、利用される方は注意してください。

Jorgen Lundman OpenZFS for Mac developer

The ZFS modules are not loaded.
Try running '/sbin/kextload zfs.kext' as root to load them.

OpenZFS_on_OS_X_2.0.1 2021-05-27

  • new port
  • zfs send / zfs recv rewritten to use pipes.
  • mimic changes (use “com.apple.mimic=hfs” instead of “on/off”.)
  • automatic mounting of snapshots
  • zstd compression
  • user/group object quotas
  • device_rebuild
  • draid vdev-type