Apple、Fusion DriveをSSDに換装したMacでCore Storageの構成エラーによりmacOSがインストールできない問題について説明。

スポンサーリンク

 AppleがFusion DriveをSSDに換装したMacでCore Storageの構成エラーによりmacOSがインストールできない問題について説明しています。詳細は以下から。

Fusion Driveのアイコン。

 Appleは現地時間2018年12月07日、macOS (Mojave)のインストーラーがCore Storageの構成エラーによりmacOSをアップグレードできない問題があるとして、サポートドキュメントを公開しています。

You may get this message after replacing the hard drive component of your Fusion Drive with an SSD.

You may get this message after replacing the hard drive component of your Fusion Drive with an SSD.

Fusion Drive combines a hard drive and flash storage in a single volume for improved performance and storage capacity. If the hard drive component of your Fusion Drive was removed and replaced with an SSD (solid-state drive), your Mac is no longer using a supported Core Storage configuration.

If the macOS installer says this volume is not a supported Core Storage configuration – Apple Support

スポンサーリンク

Fusion DriveとSSD

 この問題はmacOS MojaveのBeta段階からDeveloper Forumsなどで報告されており、サポートドキュメントによると、Fusion Drive構成のMacでHDDを取り外し、SSDに換装した場合に発生するそうで、

This volume is not a supported Core Storage configuration

This volume is not a supported Core Storage configuration

この問題を解決し、macOSをアップグレードするには換装したSSDをHDDに換装し直し、再びFusion Driveを構成することでアップグレードが可能になるとコメントされています。

また、SSDがオプトアウト不可能な状態で、AppleのAPFSフォーマットへ変換されるHigh Sierra/Mojaveではサードパーティ製SSDでもアップグレーエラーが起こっているので注意してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    HDD + SSD の Fusion Drive 構成を、
    SSD + SSD の構成に変えた場合に、インストールエラー。
    条件はわかったけど、なんで SSD + SSD で Fusion Drive を使い続けたんだろう?

  2. 匿名 より:

    そんな不法改造の面倒見ろとかAppleに酷だろ