macOS 11 Big Surに対応したMac用システムモニタアプリ「VitalSigns 3」がリリース。

スポンサーリンク

 MacのCPU/GPU温度やメモリ使用率をメニューバーから確認できるmacOS 11 Big Sur対応のシステムモニタアプリ「VitalSigns 3」がリリースされています。詳細は以下から。

VitalSigns 3

 VitalSignsはスペインのソフトウェアエンジニアLuis Glezさん2015年頃から開発&公開しているMac用システムモニタアプリで、MacのCPUやGPU、バッテリー、電源、SSD温度、メモリ使用率、ファン速度をメニューバーから確認することができますが、このVitalSignsの最新バーションとなる「VitalSigns 3」がリリースされています。

VitalSigns 3

VitalSigns 3 requires:

  • macOS Big Sur 11.0 or higher
  • An Intel or M1 Mac. Please note that M1 support is currently in Beta.

VitalSigns: macOS System Monitor – VitalSigns

 VitalSigns 3はmacOS 11 Big Surに対応し、新たに各所の温度やファン回転数、メモリ使用率をまとめて表示するメニューバー常駐型のダッシュボードが採用されていますが、現在のところファン回転数はIntelベースのMacでのみ表示可能で、Apple M1チップ搭載のMacはBetaサポートとなっているそうです。

 その他、VitalSigns 3ではMacBook(12インチ)シリーズなど限られたディスプレイサイズのMacでも多くの情報を表示できるコンパクトモード、macOSのダークモード、CPUやGPU温度が設定した閾値の温度を超えるとmacOSのネイティブ通知で通知してくれる温度警告機能が実装されており、

VitalSigns 3の新機能

システム要件はIntelベースのmacOS 11 Big Sur以上となっていますが、アプリはApple Siliconにも対応したUniversal 2 Binary化されており、アプリは無料で公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

VitalSigns 3 signed by Luis Gonzalez