Apple、2022年5月をもってiCloudの書類とデータのサービスを終了し、完全にiCloud Driveへ移行する計画を発表。

スポンサーリンク

 Appleが2022年5月をもってiCloudの書類とデータのサービスを終了し、完全にiCloud Driveへ移行する計画を発表しています。詳細は以下から。

iCloudのアイコン。

 Appleは現地時間2021年05月07日、2022年05月をもって2014年より前に利用していた「iCloudの書類とデータ」サービスを終了し、完全にiCloud Driveサービスへ移行する計画であるとシステム管理者向けに通知しています。

How to upgrade from iCloud Documents and Data to iCloud Drive

2022 年 5 月をもって、iCloud の書類とデータ (従来の書類同期サービス) はサービスを終了し、完全に iCloud Drive に移行する予定です。iCloud の書類とデータをご利用のアカウントは、サービス終了日以降は iCloud Drive に移行します。

iCloud の書類とデータから iCloud Drive にアップグレードする方法 – Appleサポート

スポンサーリンク

iCloudの書類とデータとiCloud Drive

 AppleはWWDC 2014でApple OSおよびWindowsなど他のプラットフォームにも対応したクラウドストレージサービス「iCloud Drive」を発表し、2014年秋にリリースしたOS X 10.10 YosemiteおよびiOS 8にもiCloud Driveフォルダを統合。

WWDC 2014のiCloud Drive

 現在ほぼ全てのiCloudサポートアプリはこのiCloud Driveを利用してデータを同期していますが、それに伴い来年の05月にはレガシィなiCloudの書類とデータサービスを終了するそうで、現在もiCloudの書類とデータサービスにデータを保存しているユーザーは2022年05月までにiCloud Driveを有効にしておかなければ、ファイルを見ることが出来なくなるそうです。

iCloud の書類とデータサービスをご利用の場合は、以下の手順にそって iCloud Drive を有効にしておかないと、ファイルを見ることができなくなります。iCloud Drive にアップグレードしても、保存してあるファイルが消費する iCloud ストレージの容量は変わりません。

iCloud の書類とデータから iCloud Drive にアップグレードする方法 – Appleサポート

 Appleは2014年以降にリリースしたOS X 10.10 YosemiteとiOS 8、iCloud.comサービスに「iCloudの書類とデータ」のデータを「iCloud Driveへ移行(アップグレード)する機能を搭載しているため、この警告は2014年より前にAppleのiCloudサービスを利用し、その後全くAppleデバイスやiCloudサービスを利用しなくなったユーザーか休眠アカウント(Apple ID)をお持ちユーザー向けのようなので、心当たりのある方はチェックしてみてください。

iCloud Driveを設定する

いずれかのデバイスでiCloud Drive機能をはじめて選択した場合は、アップグレードについて確認するメッセージが表示されます。アップグレードすると、iCloudに現在保存されている書類とデータが、iCloud Driveに移動されます。アップグレードについて確認するメッセージが表示されない場合、お使いのアカウントはすでにアップグレードされています。

iCloud Driveを使用してMac、iPhone、およびiPadの書類を保存する – Apple サポート

コメント

  1. 匿名 より:

    環境うんぬんほざいてるなら休眠アカウントをどうにかしろ

  2. 匿名 より:

    従来のがどんなんだったか覚えてねーわ