PFU、macOS Big Sur 11.1アップデート後にHHKB ProfessionalおよびHHKB Lite 2シリーズのキー入力ができなくなる不具合を修正したMac用ドライバを公開。

スポンサーリンク

 PFUがmacOS Big Sur 11.1アップデート後にHHKB ProfessionalおよびHHKB Lite 2シリーズのキー入力ができなくなる不具合を修正したMac用ドライバを公開しています。詳細は以下から。

HHKBReconnecter

 株式会社PFUは日本時間2020年12月23日、macOS Big Sur 11.1アップデート後に同社が販売するキーボード「Happy Hacking Keyboard (以下、HHKB)」のHHKB Professionalシリーズおよび、HHKB Lite 2シリーズのキー入力ができなくなる不具合を修正したドライバを公開しています。

Happy Hacking Keyboardは、maOS Big Sur v11.1に対応しますか?

 この不具合は、Appleが現地時間12月14日にリリースしたmacOS 11.1 Big Sur Build 20C69にアップデートしたMacでHHKBのMac用ドライバをインストールすると、HHKBの旧製品のキー入力ができなくなるというもので、ドライバをアンインストールすれば動作するものの、キー配列設定や一部のキーが仕様通り動かなくなっていました。

macOS Big Sur v11.1 で以下の動作不具合を確認しております。

  • 不具合内容:Mac用ドライバをインストールするとキー入力ができなくなる
  • 対象機種 :HHKB Professional Type-S/Professional2/Professional JP/Lite2/Lite2 for Mac

今後の修正状況が確認できるまで、macOS Big Sur v11.1へのアップデートはお控え下さい。修正対応状況は、本FAQにて随時お知らせいたします。

旧サポートページより

 今回新たにリリースされたHHKB ドライバ v5.0.1では、macOS Big Sur 11.1に対応しており、再びHHKB Professional/Lite 2のキーの設定ができるようになっていますが、macOS 11.1 Big SurにはApple T2チップを搭載したMacでシステム環境設定の鍵マークをクリックし、正しいパスワードを入力してもロックが解除できない不具合があるとAppleが報告しているので、初めてHHKBのドライバをインストールされる方は注意してください。

HHKBドライバ v5.0.1 for Big Sur