眼精疲労防止のための20-20-20ルールに基づき、20分ごとに20フィート遠くを20秒見るように通知を表示してくれるMacアプリ「Twenttty」がリリース。

スポンサーリンク

 眼精疲労防止の20-20-20ルールに基づき、20分ごとに20フィート遠くのモノを20秒見るように通知を表示してくれるMacアプリ「Twenttty」がリリースされています。詳細は以下から。

Twenttty for Mac

 TwentttyはポーランドでCallstack社のエンジニアを務めるMichal Pierzchalaさんが開発&公開したアプリで、アメリカ検眼協会(AOA:American Optometric Association)などが推奨している眼精疲労防止のための20-20-20ルールを行えるようにMacに通知を表示してくれる機能があります。

Twenttty makes following the 20-20-20 rule by optometrists a breeze.It notifies you about taking a 20 second break every 20 minutes of your screen activity and asks you to look at something far away (at least 20 feet) to relax eye muscles.

‎Twenttty – Mac App Store

 20-20-20ルールは、20分ごとに20フィート(約6m)遠くのモノや風景を20秒見ることで眼精疲労を抑えるというもので、1日中パソコンに向かって仕事をしているユーザーなどに推奨されており、Twenttty for Macはアプリを起動するとメニューバーにアイコンが常駐し、

Twenttty for Mac

マウスやキーボードの使用とともに20分タイマーがスタート、20分が経過すると「6m遠くを見ましょう」という通知を表示するとともに20秒タイマーをスタートして、20秒タイマーが終了すると、また20分タイマーがスタートするというループタイマーになっています。

Twenttty for Macの通知

 Twenttty for MacはMac App Storeで無料で配布されており、システム要件はmacOS 10.14 Mojave以上で、通知を抑制するお休み(Do Not Disturb)モードやMuteモードもサポートしているので、1日中Macに向かっている方は試してみてください。

  • Twenttty : 無料 – Mac App Store