最近利用したファイルをSpotlightのように表示してくれるMac用ランチャーアプリ「Recents for Mac」がダークモードやQuickLookに対応。

スポンサーリンク

 最近利用したファイルをSpotlightのように表示してくれるMac用ランチャーアプリ「Recents for Mac」がダークモードやQuickLookに対応しています。詳細は以下から。

Recents for Macのアイコン

 Recents for Mac(以下、Recents)はDropboxのプロダクトデザイナーPhil LaPierさんが2018年03月にリリースしたMac用ランチャーアプリで、ショートカットキーShift + Command + Spaceで最近利用したファイルを表示してくれる機能がありますが、このRecentsがv2.0アップデートで、Grid ViewおよびファイルのQuick Look、ドラッグ&ドロップ、MojaveのDark Modeに対応しています。

Recents 2.0 is here with support for Grid View, Quick Look, Drag & Drop, and improved Mojave Dark Mode support.

Recents is a file launcher designed for Mac. It boosts productivity by putting your recent files at your fingertips.

Recents – A file launcher designed for Mac

 AppleはmacOS 10.14 MojaveでDockに最近使ったアプリエリアを追加しましたが、Recentsは必要な時だけ表示可能で、AppleのPagesやNumbers、Keynote、Xcode、MicrosoftやAdobeアプリ、Sketch、Framerなどアプリケーション別に最近使ったファイルをリストアップしてくれます。

Recents for Mac settings

 アプリは無料で公式サイトに公開されており、システム要件はmacOS 10.12 Sierra以上。MacBook ProのTouch Barでのファイル選択やMojaveでのアピアランス選択も可能になっているので、興味のある方は利用してみてください。