Anker Japan、ファブリックデザインを採用したBluetoothスピーカーフォン「Anker PowerConf S3」を発売。

スポンサーリンク

 Anker Japanがファブリックデザインを採用したBluetoothスピーカーフォン「Anker PowerConf S3」を発売しています。詳細は以下から。

Anker PowerConf S3

 Anker Japanは日本時間2020年08月25日より、今年02月から発売を開始したBluetoothスピーカーフォンAnker PowerConf (AK-A3301011)」にグレーカラーとファブリックデザインを採用した「Anker PowerConf S3 (AK-A3302011)」を新たに追加したと発表しています。

Anker PowerConf S3

 Anker PowerConf S3はPowerConfと同じく、6つの全指向性マイクやエコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション、距離に関係なく音量を最適化できるオートゲインコントロール機能を搭載し、Skype, Google Hangout, FaceTime, Zoom, WebEx, GotoMeetingなど主要なオンライン会議ツールで利用可能なBluetoothスピーカーフォンで、搭載した6700mAhのバッテリーを利用して最大24時間の連続使用と外部機器の充電が可能。

Anker PowerConf S3のスペック

 また、Soundcoreアプリからシングルモードとグループモードの切り替え、バッテリー残量の確認、音量調節などが可能で、価格は13,980円となっていますが、現在は発売を記念して3,000ポイント還元となっているので、リモートワークなどでスピーカーフォンが必要になった方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、Anker PowerConf S3とPowerConfは外見がPowerConf S3がグレー:ファブリック、PowerConfがグレー:メタリックとなり、付属のトラベルポートの素材も違うそうですが、機能的にはPowerConf S3はPowerConfと同一機能となっているそうです。

PowerConf S3はPowerConfと同一機能

PowerConf S3はPowerConfと同一機能に対応しています。外観(PowerConf S3はファブリック)と付属のトラベルポーチの材質が異なります。

Anker PowerConf S3 – Amazon.co.jp