MacでApple TVのスクリーンセーバを利用できるようにしてくれる「Aerial」アプリがv2.0へアップデートし、新しいUIやキャッシュの最大値オプション、20種類のスクリーンセーバを追加。

スポンサーリンク

 MacでApple TVのスクリーンセーバを利用できるようにしてくれるアプリ「Aerial」がv2.0へアップデートし、新しいUIやキャッシュオプション、20種類のスクリーンセーバを追加しています。詳細は以下から。

Aerial v2 for Mac

 AerialはAppleがApple TV(tvOS)向けに配信しているスクリーンセーバをMacにダウンロードし、利用できるようにしてくれるアプリで、Appleがブループラネットを制作しているBBCチームと協力し撮影したtvOS 13用のスクリーンセーバもMacで見ることができますが、このAerialがv2.0へメジャーアップデートしています。

Aerial on XDR Display

Aerial v2.0.0

  • A lot!
  • Whole new UI with previews, that feels right at home on macOS Big Sur, it’s even resizable!
  • New cache options, you can finally set a limit to your cache size, and ask Aerial to periodically grab new videos, so it never ever again fills up your disk.

リリースノートより

スポンサーリンク

Aerial v2.0

 AerialのメンテナンスをJohn Catesさんから引き継いだGuillaume Louelさんによると、Aerial v2.0ではmacOSのシステム環境設定 → [デスクトップとスクリーンセーバ] → [スクリーンセーバ]に追加されるAerialの設定パネルが刷新され、リサイズできるようになったほか、

Aerial v2.0 UI

4K解像度では1つのサイズが数百MBあるApple TVのスクリーンセーバを全てダウンロードしてしまい、Macのストレージ容量を圧迫しないよう、新たに[Cache]オプションが追加され、キャッシュの最大値を設定することが可能になっています。

Aerial v2.0 for Mac Cache Option

 また、Aerial v2.0からサードパーティのアーティストが撮影したビデオ・スクリーンセーバをカスタムソースとしてダウンロードできるようになり、今回のアップデートでは[Custome Sources]パネルから、

Aerial v2 Custom Sources

macOS 10.14 Mojaveのダイナミックデスクトップ機能をサポートした24 Hour Wallpaperアプリを開発している米カリフォルニア州の写真家Hal BergmanさんとJosh Michaelsさんが撮影した20種類のカリフォルニアの風景が追加できるようになっています。

 その他、Aerial v2.0ではスクリーンセーバの「お気に入り設定」や、[On Rotation]から切り替えるスクリーンセーバのシーンの指定、Macのロケーションデータを利用し、現在位置の日没/日の出に合わせたスクリーンセーバを表示する機能などが追加され、IntelとApple Silicon搭載のMacに対応したUniversalのスクリーンセーバになっているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

A new "On rotation" feature

コメント

  1. 匿名 より:

    例によって設定画面のアップデートボタンは機能しないので
    コンパニオンアプリのAerial.app(AerialInstaller.dmg)で自動更新するか←新機軸
    手動で上書きインストールするかの二択