Internet Archive、Braveと提携しデスクトップ版Braveブラウザで「404 Page not found」ページを開くとWayback Machineのアーカイブを表示する機能を実装。

スポンサーリンク

 Internet ArchiveがBraveと提携しデスクトップ版Braveブラウザで「404 Page not found」ページを開くとWayback Machineのアーカイブを表示する機能を実装したそうです。詳細は以下から。

Brave Browser

 Webサイトのアーカイブを収集しているWayback Machineを運営する米Internet Archiveは現地時間2020年02月25日、オープンソースのChromiumベースWebブラウザ「Brave」のデスクトップ版と提携し、Braveブラウザで「404 Page not found」や503など14のHTTPエラーコードを返すWebページを開いた際に、Wayback Machineのアーカイブを表示する機能を実装したと発表しています。

Brave Browser 404

Available today, starting with version 1.4 of its desktop browser, Brave has added a 404 detection system, with an automated Wayback Machine lookup process to its desktop browser.

Brave Browser and the Wayback Machine: Working together to help make the Web more useful and reliable – Internet Archive Blogs

 この機能を利用すると、例えばAppleがWebページを削除した、全てのユーザーがパスワードなしにrootユーザーに昇格できてしまうI am root」脆弱性を含んだ「macOS 10.13.1 High Sierra」のダウンロードページなどもワンクリックでアーカイブを表示することが可能です。(macOS 10.13.1 High Sierraのインストーラーは削除され、ダウンロード出来ません。)

BraveからWayback Machine

 この機能はデフォルトでONになっていますが、設定の[ヘルプとヒント] → [404ページ上に「Wayback Machine」プロンプトを表示する]でOFFにすることも可能で、BraveブラウザはYubicoのセキュリティーYubikeySafariより早くサポートしていたので、興味のある方は試してみてください。

Brave Browser with YubiKey 5Ci

コメント

  1. 匿名 より:

    インターネットアーカイブのサポートはやばいねえ
    Safariもやってくんねえかな…

    Braveちょっと触ってみたけどtorrentにtorにcrypto walletsと叩かれそうな機能満載で面白いぬ
    それでいてプライバシー重視とは…(笑)