macOS 11 Big SurのCatalystアプリはコンテンツやテキストスケーリングが100%で最適化できるように。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big SurのCatalystアプリはテキストスケーリングが100%で最適化されるようになるそうです。詳細は以下から。

Project Catalyst

 AppleはmacOS 10.15 Catalinaで同一のコードペースからiPadアプリをMac化できる「Mac Catalyst」を発表しましたが、初期のCatalystアプリはUIがmacOSに最適化されていなかったり、iOS(iPadOS)のデフォルト・フォントサイズ17ptとmacOSのフォントサイズ13ptに合わせて、コンテンツやテキストサイズが77%スケールダウンされていましたが、

Mac Catalyst

Content scaling. Text in the macOS version of an iPad app looks the same as it does in iOS because SF fonts are available on both platforms. However, the baseline font size in iOS is 17 pt, whereas the most common font size in macOS is 13 pt. To ensure that your text and interface elements are consistent with the macOS display environment, iOS views automatically scale down to 77%.

Mac Catalyst – iOS – Human Interface Guidelines – Apple Developer

WWDC20のセッション10143「What’s new in Mac Catalyst」によると、macOS 11 Big Sur(Xcode 12)では「Scale Interface to Match iPad」「Optimize Interface for Mac」のオプションが選択でき、後者を選択するとレイアウトに影響が出る可能性があるものの、スケーリングを100%にしてアプリを開発することができるそうです。

New Mac Catalyst Mode

It changes the default scaling from the 77% we have today to 100% which will yield more crisp text and graphics at the cost of potentially disturbing your application’s layout.

What’s new in Mac Catalyst – WWDC 2020 – Videos – Apple Developer

 これは特にiOSとmacOSで4ptの差があるテキストでより顕著で、macOS 10.14 Mojaveでアンチエイリアス処理(カラーフリンジ・エフェクト(color-fringing effect)が廃止)された事もあり、比較してみると、テキストの鮮明さに違いが確認できると思います。

 また、Appleは新しいCatalyst ModeでボタンやスライダーなどもmacOSに最適化しており、最新のmacOS 10.15 Catalinaでもマウスカーソルやカラーピッカー、データピッカーをmacOSに最適化したそうなので、iOS/iPadOSアプリの開発者の方は今後Apple Silicon製Macでネイティブ動作するiOS/iPadOSアプリを利用してもらうか、macOSに最適化されたMac Catalystアプリをリリースするかの選択肢が用意されそうです。

Optimize Interface for Mac